ケアマネ試験2019(令和1)年度 【財政安定化基金】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題12」解説


問題12 財政安定化基金について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 財源の負担割合は、国2分の1、都道府県4分の1、市町村4分の1である。
2 基金事業交付金の交付は、介護保険事業計画期間の最終年度において行う。
3 基金事業交付金の額は、介護保険財政の収入不足の全額に相当する額である。
4 基金事業貸付金の償還期限は、次期市町村介護保険事業計画期間の最終年度の末日である。
5 基金事業貸付金は、償還期限までの間は無利子である。

 
 
 
 
 

正解は2、4、5
 

一口メモ

◎ 財政安定化基金は、市町村がお金に困った時に助けてくれる。
◎ 財政安定化基金は、都道府県が設置・運営をしている。
◎ 財源は、国、都道府県、市町村がそれぞれ1/3づつ。
◎ 市町村が不足する理由
   収入減・・・第1号被保険者の保険料減(1/2交付、1/2貸付)
   支出増・・・全額貸付
◎ 基金事業交付金の交付は、介護保険事業計画期間の最終年度において行う
◎ 介護保険事業計画期間は3年間。
◎ 基金事業貸付金の償還期限は、次期の最終年度の末日。
◎ 無利子

 

覚えておくべきキーワード

財政安定化基金 財源
 国1/3・都道府県1/3・市町村1/3 

財政安定化基金 設置
 都道府県

財政安定化基金 全額貸付パターン
 給付費増大

財政安定化基金 半額貸付(半額交付)パターン
 保険料収入減少

財政安定化基金貸付 返済
 次期3年…1/3ずつ

財政安定化基金貸付 返済金財源
 第1号保険料

財政安定化基金貸付 利子
 無利子
 ※償還期限(次期最終年度末日)まで

 
 

おススメ予想問題集

『八訂基本テキスト』完全対応!ケアマネ試験 法改正と完全予想模試 ’19年版 [ コンデックス情報研究所 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

楽天で購入

 
 
 
 
 

おススメYoutube動画解説


PAGE TOP