ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から介護支援分野「保険給付の概要」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、介護支援分野「保険給付の概要」は、ほぼ毎年出題されている問題です

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

介護給付の種類として正しいものはどれか。2つ選べ。

2014(平成26)年(第17回)

1 特例居宅介護福祉用具購入費の支給

⇒ ✕ 「特例居宅介護福祉用具購入費は、介護給付の対象ではない・・・償還払い方式(金銭給付)」

2 特例居宅介護住宅改修費の支給

⇒ ✕ 「特例帰宅介護住宅改修費は、介護給付の対象ではない・・・償還払い方式(金銭給付)」

3 特例地域密着型介護サービス費の支給

⇒ 設問通り

4 特例特定施設入居者生活介護サービス費の支給

⇒ ✕ 「特例特定施設入居者生活介護サービス費は、介護給付の対象ではない・・・市区町村の認定があれば償還払いで支給される」

5 特例居宅介護サービス計画費の支給

⇒ 設問通り

介護保険給付について正しいものはどれか。2つ選べ。

2009(平成21)年(第12回)

1 所得額にかかわらず一定の自己負担上限額を設け、高額介護サービス費を支給する。

⇒ ✕ 「介護保険給付は、所得に応じて自己負担上限額が定められている」

2 指定介護老人福祉施設に入所する低所得の要介護者の食費・居住費の負担については、所得段階に応じた負担限度額が設けられている。

⇒ 設問通り

3 刑事施設、労役場等に拘禁された者については、その期間に係る介護給付等は行わない。

⇒ 設問通り

4 市町村は、介護給付費の算定に関する基準を定めようとするときは、議会の承認を得なければならない。

⇒ ✕ 「介護保険給付の算定の基準は厚生労働省が作成する」

5 居宅サービス計画費の支給は、被保険者があらかじめ居宅介護支援を受ける旨を市町村に届け出なくても、現物給付化される。

⇒ ✕ 「居宅介護サービス計画費はケアマネに介護サービスの計画を立ててもらうサービスです。市町村に届け出る事で現物給付される」

介護保険の保険給付について正しいものはどれか。3つ選べ。

2010(平成22)年(第13回)

1 労働者災害補償保険法により介護保険の介護給付に相当する給付を受けられるときは、一定の限度で介護保険の給付は行われない。

⇒ 設問通り

2 市町村特別給付の財源は、その市町村の第1号被保険者の保険料によって賄われる。

⇒ 設問通り

3 特例居宅介護サービス費は、都道府県が必要があると認めたときに支給される。

⇒ ✕ 「都道府県ではなく、市町村」

4 事業者が偽りその他の不正の行為により代理受領方式での費用の支払を受けた場合には、市町村は、返還させるべき額を徴収するほか、その額に百分の四十を乗じた額を徴収することができる。

⇒ 設問通り

5 被保険者が居宅介護サービス費を受給するためには、居宅介護支援事業所に居宅サービス計画の作成を依頼しなければならない。

⇒ ✕ 「被保険者が居宅介護サービス費を受給するためには、指定居宅介護支援事業所から指定居宅サービスを受けなければならない」

保険給付の内容について正しいものはどれか。2つ選べ。

2011(平成23)年(第14回)

1 法人格のない住民参加型非営利組織の事業者の場合も、基準該当居宅サービスとして特例居宅介護サービス費の支給対象となり得る。

⇒ 設問通り

2 被保険者が、緊急その他やむを得ない理由により、被保険者証を提示しないでサービスを受けても、特例居宅介護サービス費の支給対象となり得る。

⇒ 設問通り

3 介護保険施設入居者の理美容代は、保険給付の対象となる。

⇒ ✕ 「理美容代、日常生活費は、全額自己負担となる」

4 特定施設入居者生活介護サービスのおむつ代は、保険給付の対象となる。

⇒ ✕ 「おむつ代が保険給付対象となるのは、介護保険施設への入所者と短期入所系サービスの利用者」

5 施設介護サービス費に栄養管理は含まれない。

⇒ ✕ 「栄養管理は、施設介護サービス費に含まれる」

介護保険給付についての正しいものはどれか。3つ選べ。

2013(平成25)年(第16回)

1 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律により介護給付に相当する給付を受けられるときは、一定の限度で介護保険の保険給付は行われない。

⇒ 設問通り

2 給付事由が第三者の加害行為による場合に、第三者から同一の事由について損害賠償を受けたときは、市町村は、賠償額の限度で保険給付の責任を免れる。

⇒ 設問通り

3 第1号被保険者に対し生活保護から生活扶助が行われた場合は、保険給付は行われない。

⇒ ✕ 「第1号被保険者については、保険給付が優先して行われる」

4 やむを得ない事由により介護保険からサービスを受けられない場合には、例外的に老人福祉法に基づく市町村の措置によるサービスが受けられる。

⇒ 設問通り

5 保険給付を受ける権利は、差し押さえることができる。

⇒ ✕ 「保険給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供すること、差し押さえすることができない」

保険給付について正しいものはどれか。2つ選べ。

2014(平成26)年(第17回)

1 特定福祉用具の購入に係る利用者負担は、高額医療合算介護サービス費の対象となる。

⇒ ✕ 「福祉用具購入費や住宅改修費の自己負担は、高額医療合算介護サービス費の対象にはならない」

2 高額介護サービス費の負担上限額は、年単位で定める。

⇒ 設問通り

3 市町村の条例で区分支給限度基準額を上回る額を定めることができる。

⇒ ✕ 「高額介護サービス費の負担上限額は、月単位で定める」

4 種類支給限度基準額は、都道府県の条例で定める。

⇒ ✕ 「種類支給限度基準額は、市町村の条例で定める」

5 法定代理受領方式で現物給付化されるものがある。

⇒ 設問通り

介護保険の保険給付について正しいものはどれか。2つ選べ

2017(平成29)年(第20回)

1 制度創設後12年間で、年度別給付費の額は第1号被保険者数の伸びと同じ率で増加している。

⇒ ✕ 「第1号被保険者は38%増加だが、年度給付費は151%増加している」

2 制度創設以降、介護給付の種類は変更されていない。

⇒ ✕ 「2005年度の改正では地域密着型サービスが創設され、2011年の改正では定期巡回・随時対応型訪問介護看護や複合型サービスが地域密着型サービスに加えられた」

3 第1号被保険者一人当たり給付費の額には、都道府県によって差が生じている。

⇒ 設問通り

4 要介護認定を受けているすべての被保険者は、保険給付を受けている。

⇒ ✕ 「要介護認定を受けていても実際にサービスを利用していない被保険者には、保険給付されない」

5 制度改正により、保険給付から地域支援事業に移行したサービスがある。

⇒ 設問通り

介護保険の保険給付について正しいものはどれか。3つ選べ。

2017(平成29)年(第20回)

1 高額介護サービス費の支給は、介護給付の一つである

⇒ 設問通り

2 高額医療合算介護サービス費の支給は、市町村特別給付の一つである

⇒ ✕ 「高額医療合算介護サービス費は、介護給付である」

3 特定入所者介護サービス費の支給は、介護給付の一つである

⇒ 設問通り

4 特例特定入所者介護サービス費の支給は、市町村特別給付の一つである

⇒ ✕ 「特例特定入所者介護サービス費は介護給付である」

5 居宅介護サービス計画費の支給は、介護給付の一つである

⇒ 設問通り

要介護状態区分によって指定居宅介護支援及び指定居宅サービスに要する費用の額が異なるものはどれか。2つ選べ。

2017(平成29)年(第20回)

1 居宅介護支援費

⇒ 設問通り

2 訪問看護費

⇒ ✕ 「訪問看護は、サービス提供時間で費用が異なる」

3 通所介護費

⇒ 設問通り

4 訪問介護費

⇒ ✕ 「訪問介護は、サービス提供時間で費用が異なる」

5 訪問入浴介護費

⇒ ✕ 「訪問入浴介護費の基本費用は一律」

介護保険の保険給付について正しいものはどれか。2つ選べ。

2018(平成30)年(第21回)

1 第三者行為によって生じた給付事由については、当該第三者への損害賠償請求が保険給付の要件となっている。

⇒ ✕ 「第三者行為によって生じた給付事由については、当該第三者への損害賠償請求が保険給付の要件とはならない」

2 居宅介護住宅改修費については、住宅改修を行った者に対し、都道府県知事が帳簿種類等の提示を命じることができる。

⇒ ✕ 「市町村が、帳簿書類等の提示を命じることができる」

3 居宅サービスに従事する医師が診断書に虚偽の記載をすることにより、不正受給が生じた場合は、市町村は当該医師にも徴収金の納付を命じることができる。

⇒ 設問通り

4 保険給付を受ける権利の消滅時効は、5年である。

⇒ ✕ 「消滅時効は、2年」

5 居宅要介護被保険者は、指定居宅サービスを受ける都度、被保険者証をサービス事業者に提示しなければならない。

⇒ 設問通り

介護保険法において現物給付化されている保険給付として正しいものはどれか。2つ選べ。

2019(令和1)年(第22回)

1 居宅介護福祉用具購入費の支給

⇒ ✕ 「福祉用具の購入費は、償還払い」

2 施設介護サービス費の支給

⇒ 設問通り

3 居宅介護住宅改修費の支給

⇒ ✕ 「住宅改修費は、償還払い」

4 特定入所者介護サービス費の支給

⇒ 設問通り

5 高額介護サービス費の支給

⇒ ✕ 「高額介護サービス費は、償還払い」

介護給付及び予防給付に要する費用について正しいものはどれか。3つ選べ。

2020(令和2)年(第23回)

1 国の負担分は、すべての市町村について同率である。

⇒ ✕ 「介護保険の財源は国が25%負担している。その内の5%は市町村間で財政力に差があるため国が負担しており、市町村間で同率ではない」

2 費用の総額は、公費と保険料によりそれぞれ50%ずつ賄われる。

⇒ 設問通り

3 市町村の一般会計における負担分は、すべての市町村において同率である。

⇒ 設問通り

4 第2号被保険者の保険料負担分は、各医療保険者から各市町村に交付される。

⇒ ✕ 「第2号被保険者の保険料負担分は、社会保険診療報酬支払基金から各市町村へ交付される」

5 保険料負担分の総額は、すべての市町村に係る第1号被保険者と第2号被保険者のそれぞれの見込数の総数の割合で按分される。

⇒ 設問通り

介護保険事業に係る保険給付の円滑な実施を確保するための基本的な指針について正しいものはどれか。3つ選べ。

2020(令和2)年(第23回)

1 地域支援事業の実施に関する基本的事項を定める。

⇒ 設問通り

2 都道府県知事が定める。

⇒ ✕ 「厚生労働大臣が定める」

3 変更に当たっては、市町村長と協議しなければならない。

⇒ ✕ 「変更する際は、総務大臣その他関係行政機関の長に協議しなければならない」

4 地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律に規定する総合確保方針に即して定める。

⇒ 設問通り

5 介護給付等対象サービスを提供する体制の確保に関する基本的事項を定める。

⇒ 設問通り

介護保険制度における利用者の負担について正しいものはどれか。2つ選べ

2013(平成25)年(第16回)

1 震災で住宅等の財産が著しく損害を受けたときは、市町村、1割の定率負担を免除することができる。

⇒ 設問通り

2 高額介護サービス費の支給要件は、所得に応じて条例で定められる。

⇒ ✕ 「条例ではなく、介護保険法の中で定められている」

3 短期入所サービスにおけるおむつ代は、利用者が全額負担する。

⇒ ✕ 「短期入所サービスにおいては給付の中に含まれる」

4 生活保護の被保護者である第1号被保険者には、高額介護サービス費の適用がない。

⇒ ✕ 「高額介護サービス費の負担上限額は3段階で設定されており、生活保護者も対象となる」

5 施設サービスにおける食費は、利用者が負担する。

⇒ 設問通り

介護保険制度の利用者負担について正しいものはどれか。2つ選べ。

2015(平成27)年(第18回)

1 介護給付は、1割負担である。

⇒ ✕ 「平成26年の法改正により、一定以上の収入がある利用者は2割負担となった」

2 高額介護サービス費は、世帯単位で算定する。

⇒ 設問通り

3 短期入所系サービスの滞在費は、1割負担である。

⇒ ✕ 「短期入所系サービスの滞在費は、全額自己負担」

4 食費は、社会福祉法人による利用者負担額軽減制度の対象となる。

⇒ 設問通り

5 地域支援事業の第1号訪問事業については、利用料を請求できない。

⇒ ✕ 「市町村は、地域支援事業の利用者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、利用料を請求することができる」

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から介護支援分野「保険給付の概要」の問題をまとめてみました

PAGE TOP