ケアマネ試験の過去問で「居宅療養管理指導」が出題された問題まとめ


ケアマネ試験の過去問で「居宅療養管理指導」が出題された問題をまとめてみました。

居宅療養管理指導

27-問45

居宅療養管理指導について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 主治医は、サービス担当者会議への参加が難しい場合は、原則として、文書等により介護支援専門員に必要な情報提供を行う。
2 サービス担当者会議は、居宅療養管理指導を行う医師又は歯科医師が利用者宅に訪問するときに、開催することが可能である。
3 薬剤師が行う居宅療養管理指導は、薬局の薬剤師に限定されている。
4 居宅療養管理指導は、区分支給限度基準額の対象にならない。
5 定期的に通院や訪問診療を受けている場合でも、訪問看護師が療養上の相談及び支援を行った場合には、居宅療養管理指導費を算定することができる。

25-問37

次の記述のうち適切なものはどれか。2つ選べ。

1 指定介護療養型医療施設における短期入所療養介護では、あらかじめ短期入所用のベッドを指定し、確保しておかなければならない。
2 在宅療養支援診療所においては、介護老人保健施設の入所者に対する医療保険の在宅患者訪問診療料は算定できない。
3 居宅療養管理指導は、区分支給限度基準額の対象となる。
4 医療保険と介護保険の両方から給付が可能なサービスについては、支払額の少ない方を適用する。
5 サービス担当者会議は、医師・歯科医師の訪問に合わせて自宅で開催することもできる。

居宅療養管理指導

居宅療養管理指導とは、通院が難しく、居宅での生活が中心になるため、緊急時の対応に不安が残ったり、日頃の介護に関する疑問や健康維持についてもなかなか相談する機会がなかったりするケースがあります。そのような不安を抱える人におすすめしたいのが、住み慣れた居宅に医療機関の専門家が訪問し、生活指導を行ってくれる「居宅療養管理指導」サービスです。

まとめ

居宅療養管理指導は、どんな人を対象とするのか?そこでのケアの内容や職種など、大まかな内容で良いので、それぞれ区別してしっかりと覚えておかなければなりません。人員基準や加算など、細かな部分の出題もされていますので、しっかりと理解しましょう。

居宅療養管理指導とは?/ケアマネ独学で一発合格するための勉強方法

ケアマネ試験一発合格ノート「居宅療養管理指導とは?」

介護福祉士とケアマネ試験受験対策「居宅療養管理指導とは(介護保険法第8条6)」解説動画

居宅療養管理指導 ユーチューブ解説動画をノートにまとめてみたら分かりやすい!

“ケアマネ試験の過去問で「居宅療養管理指導」が出題された問題まとめ” への1件の返信

コメントは受け付けていません。