ケアマネ試験2019(令和1)年度 【居宅介護支援】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題17」解説

問題17 指定居宅介護支援における居宅サービス計画の作成について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 サービス担当者会議の要点を利用者に交付すること。
2 文書により家族の同意を得ること。
3 作成した際に、利用者に交付すること。
4 作成後、保険者に提出すること。
5 介護支援専門員は、計画に位置付けた指定訪問介護事業者に対して、訪問介護計画の提出を求めること。

 
 
 
 
 

正解は3、5
 

一口メモ

◎ 居宅介護支援=在宅要介護者ケアマネジメント
◎ 介護予防支援は、地域包括支援センターが行う。
◎ 居宅介護支援の流れ
  1 インテーク
  2 アセスメント
  3 原案作成・サービス担当者会議
  4 交付・実施
  5 モニタリング
◎ 交付先
  1 利用者
  2 サービス担当者
  3 主治医の意見書を求めた場合は、医師(2018.4~)
◎ 居宅サービス計画に位置付けたサービスの事業者より、介護計画の提出を求める。
  1 訪問介護
  2 通所介護
  3 ショートステイ
  4 福祉用具
※ 提出を求めなくても良い・・・訪問入浴介護、居宅療養管理指導
◎ 作成した際に、利用者に交付すること。

 

覚えておくべきキーワード

 

居宅サービス計画は、第1表から第7表まであります。
 第1表 居宅サービス計画書(1)
 第2表 居宅サービス計画書(2)
 第3表 週間サービス計画表
 第4表 サービス担当者会議の要点
 第5表 居宅介護支援経過
 第6表 サービス利用票・提供票
 第7表 サービス利用票・提供票 別表

このうち、利用者への交付が義務付けられているのは、第1表〜第3表、第6表〜第7表です。

第4表に当たるサービス担当者会議の要点は、交付の義務がありません。

 
 

おススメ予想問題集

『八訂基本テキスト』完全対応!ケアマネ試験 法改正と完全予想模試 ’19年版 [ コンデックス情報研究所 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

楽天で購入

 
 
 
 
 

おススメYoutube動画解説


PAGE TOP