ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「訪問介護」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「訪問介護」は毎年出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。


1 居宅サービス計画がすでに作成されており、訪問介護の内容が明記されている場合は、訪問介護計画は作成しなくてもよい。

⇒ ✕ 「訪問介護計画を作成しなければならない」

 
2 訪問介護事業者は、通常サービスを提供している地域以外からの利用申込に対し訪問介護の提供が困難な場合には、適当な他の訪問介護事業所を紹介するなどをしなければならない。

⇒ 設問通り


3 訪問介護事業者は、訪問介護サービスの提供中に事故が起きて利用者が怪我をした場合には、市町村、利用者の家族、担当の居宅介護支援事業者等に連絡し、必要な措置を講じなければならない。

⇒ 設問通り


4 サービス提供責任者は、事業所に所属する訪問介護員への技術指導を必ずしもおこなわなくてよい。

⇒ ✕ 「技術指導を実施しなければならない」


5 訪問介護事業者は、サービス担当者会議において利用者の家族の個人情報を用いる場合は、その家族の同意を文書で得ておかなければならない。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者の部屋の窓ガラスを磨くのは、一般的に生活援助に含まれる。

⇒ ✕ 「窓ガラス磨きのほか、庭仕事、ペットの世話、床のワックスがけ、模様替え、家具・家電の修理、移動などは生活援助の範囲には含まれない」

2 利用者ができない部分を支援しながら一緒に行う洗濯は、生活援助に含まれる。

⇒ ✕ 「設問の行為は身体介護にあたる」

3 糖尿食の調理をするのは、身体介護に含まれる。

⇒ 設問通り

4 薬の受け取りは、生活援助に含まれる。

⇒ 設問通り

5 体温測定は、身体介護に含まれない。

⇒ ✕ 「体温測定は身体介護に含まれる」

介護保険における介護予防訪問介護について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 介護予防訪問介護事業者は、地域の支え合いを活用することまでは考慮しない。

⇒ ✕ 「地域との連携も考慮に入れる」

2 介護予防訪問介護では、定額制が導入されているが、自立支援を目的とすることを常に意識したサービスを提供しなければならない。

⇒ 設問通り

3 同居家族がいる場合は、理由にかかわらず介護予防訪問介護を利用することはできない。

⇒ ✕ 「同居家族がいる場合でも、家族に家事能力がない場合には状況に応じて利用することが可能です」

4 サービス提供責任者は、サービス提供期間が終了するまでの間に少なくとも1回は、介護予防訪問介護計画の実施状況の把握を行う。

⇒ 設問通り

5 生活行為について、利用者自身が行う部分と訪問介護員が支援する部分を明らかにし、利用者本人の同意を得る必要がある。

⇒ 設問通り

※2014年の介護保険制度の改正により、介護予防訪問介護は地域支援事業の総合事業の介護予防生活支援サービス事業の訪問型サービスになりました。この設問は2011年に出題された設問になります。

介護保険における訪問介護について適切なものはどれか、3つ選べ。

1 軽微であってもやけどの処置は医療行為となるため、訪問介護員が行ってはならない。

⇒ ✕ 「程度が軽い切り傷や擦り傷、やけどの処置は医療行為にはあたらない」

2 訪問介護員は利用者の生活実態や要望等多くの情報を持っているので、その情報を介護支援サービスに活用することが期待される。

⇒ 設問通り

3 衣類の整理や被服の補修は、生活援助に含まれる。

⇒ 設問通り

4 一人暮らしの利用者に対して正月のために特別な手間をかけて行う調理は生活援助に含まれる。

⇒ ✕ 「家事援助は日常生活に必要なものに限られ、正月の料理など手間をかけて行うものは生活援助に含まれない」

5 利用者が訪問介護員に業務範囲を超えるかもしれない要求をした場合には、介護支援専門員と相談して対応する。

⇒ 設問通り

介護予防訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護予防訪問介護事業者は、利用者の意欲が高まるように利用者とのコミュニケーションを十分図るなどの働きかけに努めなければならない。

⇒ 設問通り

2 介護予防訪問介護計画の様式は、法令で定められたものを使用しなくてはならない。

⇒ ✕ 「介護計画の書式は準ずるものであれば、どんな形式でも構わない」

3 介護予防訪問介護の提供に当たっては、他の福祉サービスの利用可能性についても考慮しなければならない。

⇒ 設問通り

4 自らの事業所でサービス提供が困難と判断した場合には、申込者の担当介護予防支援事業者に連絡し、他の事業者等を紹介するなど必要な措置を速やかに講じなければならない。

⇒ 設問通り

5 サービス提供責任者は、少なくとも1月に1回は、介護予防訪問介護計画の実施状況の把握を行わなくてはならない。

⇒ ✕ 「サービス期間が終了するまでに1回行えばよい」

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 訪問介護員等が生活援助として買い物を行う場合は、利用者宅に訪問するための移動中に商品を購入することもできる。

⇒ 設問通り

2 要介護1の利用者に対し行った日中における20分未満の身体介護中心型は、保険給付の対象となる。

⇒ ✕ 

3 嚥下困難者のための流動食の調理は、生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「身体介護として算定可能」

4 安否確認のための訪問は、20分未満の身体介護中心型として算定できる。

⇒ ✕ 「単なる見守りや安否確認のみのサービスは算定できない」

5 利用者が飼育している犬の散歩は、介護保険給付の対象外である。

⇒ 設問通り

※20分未満の身体介護中心型は、平成27年度に算定要件の見直しがありました。右記が利用対象者の条件です。「要介護1から要介護2の者であって認知症の利用者、または要介護3から要介護5の者であって障害高齢者の日常生活自立度ランクB~Cの利用者」

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。 2つ選べ。

1 訪問介護事業所と同一の建物に居住する利用者に対して訪問介護を行った場合は、 所定単位数の100分の100で算定する。

⇒ ✕ 「同一の建物の場合は、所定単位数の100分の90で算定する」

2 通院のための乗車又は降車の介助が中心である場合は、 1回につき所定単位数を算定する。

⇒ 設問通り

3 訪問リハビリテーションの際にサービス提供責任者が同行し、 利用者の身体の状況等を理学療法士等と共同で評価して訪問介護計画を作成し、 それに基づき訪問介護を行った場合は、 所定単位数を加算する。

⇒ 設問通り

4 訪問介護事業所と同一の建物内に居住する複数の利用者に対して定期的に安否を確認するための訪問は、 20分未満の身体介護中心型として算定する。

⇒ ✕ 「単なる見守りや安否確認のみのサービスは算定できない」

5 利用者の来客への応接は、 生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「直接利用者の援助に該当しないサービスは算定できない」

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者が家族と同居しているときは、いかなる場合でも生活援助を利用することはできない。

⇒ ✕ 「同居家族が高齢や障害者等で家族からの生活支援が困難と判断された場合は、生活支援中心型でも支援可能です」

2 サービス提供責任者は、利用頻度の低い利用者に対しては、訪問介護計画を作成しなくてもよい。

⇒ ✕ 「サービス提供責任者は、利用頻度にかかわらず利用者の訪問介護計画を作成しなければならない」

3 訪問介護事業者は、訪問介護員に身分を証する書類を携行するように指導しなければならない。

⇒ 設問通り

4 訪問介護事業者は、サービスを提供している地域以外からの利用申込者に対してサービスを提供できない場合には、適切な事業者の紹介などを行わなければならない。

⇒ 設問通り

5 訪問介護事業者は、利用者の要望に応えるために、居宅サービス計画にないサービスも、適宜、提供しなければならない

⇒ ✕ 「本人の要望とはいえ、勝手に計画にないサービスを提供してはいけません」

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 要介護1又は2の利用者については、いかなる場合でも20分未満の身体介護中心型の単位を算定することはできない。

⇒ ✕ 「平成27年度の法改正により、要介護1または2であっても認知症の場合であれば、算定可能です」

2 利用者が飼育している猫の世話は、生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「猫の世話は介護保険サービスの対象外です」

3 嚥下障害のある利用者への流動食の調理は、身体介護として算定する。

⇒ 設問通り

4 午後10時から午前6時までの時間に訪問介護サービスを行った場合には、1回につき所定単位数の100分の50を加算する。

⇒ 設問通り

5 買物の際に、車いすで移動しながら本人が品物を選べるようにする支援は、生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「このような場合は、身体介護と定義されています」

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 家具の修繕は、生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「身の回りの援助には入らないので算定できない」

2 利用者以外の家族の衣類の洗濯は、生活援助として算定する。

⇒ ✕ 「利用者以外の家族の衣類の洗濯は、生活援助には含まれません」

3 ストマ装具のパウチにたまった排泄物を捨てることは、身体介護として算定する。

⇒ 設問通り

4 1人の利用者に対して同時に2人の訪問介護員がサービスを提供しても、2人分の訪問介護費は算定できない。

⇒ ✕ 「2人分の報酬が算定できます」

5 処方薬の受け取りは、生活援助として算定する。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 利用者と一緒に手助けをしながら行う調理は、生活援助として算定する

⇒ ✕ 「利用者と一緒に手助けをしながら行う場合は身体介護にあたる」

2 ゴミ出しは、生活援助として算定する

⇒ 設問通り

3 利用者不在のベッドでのシーツ交換は、生活援助として算定する

⇒ 設問通り

4 自立生活支援のための見守りは、生活援助として算定する

⇒ ✕ 「自立生活支援のための見守りは、身体介護にあたる」

5 服薬介助は、身体介護として算定する

⇒ 設問通り

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 訪問介護事業所と同一敷地内にある建物の居住者に対して訪問介護を提供した場合には、介護報酬は減算される。

⇒ 設問通り

2 耳式電子体温計により外耳道で体温を測定することは、医療行為に当たるため、訪問介護員が行うことはできない。

⇒ ✕ 「医療行為ではないため、介護職でも対応可能」

3 訪問介護計画において計画的に訪問することとなっていない身体介護を訪問介護員が緊急に行った場合には、所定の単位を加算できることがある。

⇒ 設問通り(緊急時訪問介護加算)

4 サービス提供責任者については、専従する常勤のものであれば、特段の資格要件はない。

⇒ ✕ 「介護福祉士、実務者研修修了者、(旧課程)ホームヘルパー1級課程修了者が資格要件になっている」

5 新規に訪問介護計画を作成した利用者に対してサービス提供責任者が初回の訪問介護に同行した場合には、所定の単位を加算できる。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 ⾃動⾎圧測定器により⾎圧を測定することは、医⾏為に当たらないため、訪問介護員が⾏うことができる。

⇒ 設問通り

2 利⽤者が⼤切にしている花⽊の⽔やりは、短時間であれば、⽣活援助として算定される。

⇒ ✕ 「花⽊の⽔やりは⽣活援助として算定できない」

3 ゴミの分別が分からない利⽤者と⼀緒に分別し、ゴミ出しのルールを理解してもらうよう援助することは、⽣活援助として算定される。

⇒ ✕ 「自立支援のための見守り的援助は、身体介護に算定される」

4 ボタン付け等の被服の補修は、⽣活援助として算定される。

⇒ 設問通り

5 配剤された薬をテーブルの上に出し、本⼈が薬を飲むのを⼿伝うことは、⾝体介護として算定される。

⇒ 設問通り

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1  指定訪問介護事業所の管理者については、特段の資格は不要である。

⇒ 設問通り

2  サービス提供責任者は、介護福祉士でなければならない。

⇒ ✕ 「サービス提供責任者の資格要件は、介護福祉士、介護職員基礎研修課程修了者、訪問介護職員養成研修1級または2級課程修了者、看護師または准看護師のいずれかの要件を満たすこととなっている」

3  介護支援専門員は、一定回数以上の生活援助中心型の訪問介護を居宅サービス計画に位置付ける場合には、その居宅サービス計画を市町村に届け出なければならない。

⇒ 設問通り

4  利用者が保険給付の範囲外のサービス利用を希望した場合には、訪問介護員は、居宅介護支援事業者又は市町村に連絡するものとする。

⇒ 設問通り

5  指定訪問介護事業者は、利用申込者の要介護度が重いことを理由として、サービスの提供を拒むことができる。

⇒ ✕ 「正当な理由なく指定訪問介護の提供を拒んではならない」

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「訪問介護」の問題をまとめてみました

PAGE TOP