ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「保健医療サービス「介護保険施設と介護サービス」」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「保健医療サービス「介護保険施設と介護サービス」」は、大きなくくりになり、分類しづらいものです

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

介護保険施設の施設サービス費における栄養マネージメント加算について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 常勤の管理栄養士を1名以上配置しなければならない。

⇒ 設問通り

2 管理栄養士は、関連職種と共同して食事摂取状況や食事に関するインシデント・アクシデントの事例等の把握を行う。

⇒ 設問通り

3 栄養スクリーニングを踏まえ、入所(院)者ごとの解決すべき課題を把握することを、「栄養アセスメント」という。

⇒ 設問通り

4 栄養アセスメントを踏まえ、医師の管理のもとに管理栄養士が栄養ケア計画を作成し、入所(院)者又は家族に説明し同意を得る。

⇒ ✕ 「栄養ケア計画は管理栄養士だけでなく、医師や歯科医師、看護師、ケアマネージャーなどが共同して作成」

5 低栄養状態に陥るリスクが低い者は、おおむね6カ月ごとに栄養状態のモニタリングを行う。

⇒ ✕ 「おおむね3ヶ月ごと」

医療と介護の連携について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 訪問介護事業所のサービス提供責任者が、通所リハビリテーション事業所の理学療法士等に同行し、利用者宅を訪問した場合には、連携に関する介護報酬を算定できる。

⇒ ✕ 「生活機能向上連携加算を算定することが出来る」

2 併設医療機関ではない在宅療養支援診療所は、介護老人福祉施設への往診料を算定できる。

⇒ 設問通り

3 在宅療養支援歯科診療所は、介護支援専門員の指示により、歯科訪問診療を実施する。

⇒ ✕ 「介護支援専門員の指示は必要なく、利用者および家族などが希望した際に歯科訪問診療が実施される」

4 介護老人保健施設が地域連携診療計画に係る医療機関から利用者を受け入れ、当該計画の診療報酬を算定している病院に対して文書により情報提供をした場合には、情報提供に係る加算を算定できる。

⇒ 設問通り

5 介護保険と医療保険の利用者負担の合計額が世帯で一定額を超えた場合には、介護保険と医療保険から、高額医療合算介護(予防)サービス費と高額介護合算療養費がそれぞれ支給される。

⇒ 設問通り

介護保険サービスについて適切なものはどれか。3つ選べ。

1 療養通所介護は、難病、認知症、脳血管疾患後遺症やがん末期の要介護者などに対して、介護療養型医療施設が行うサービスである。

⇒ ✕ 「療養通所介護は、通所介護のサービスで、難病などにより重度の介護を必要とする人や、がん末期の要介護者が対象」

2 利用者が連続して30日を超えて短期入所療養介護を受けている場合には、30日を超えた日以降は短期入所療養介護費は算定できない。

⇒ 設問通り

3 医師、薬剤師が行う居宅療養管理指導は、介護支援専門員によるケアプランが作成されていなくても、算定できる。

⇒ 設問通り

4 特定短期入所療養介護は、インフルエンザやノロウイルスなどに罹患している利用者を個室で管理した場合に限り、算定できる。

⇒ ✕ 「インフルエンザやノロウィルスなどの感染症患者は対象ではない」

5 緊急短期入所受入加算は、居宅サービス計画を担当する介護支援専門員がその必要性を認め緊急にサービスが行われた場合に、7日を限度として算定できる。

⇒ 設問通り

介護保険施設について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 老人性認知症疾患療養病棟は、BPSD(認知症の行動・心理症状)のために在宅や他の施設での療養生活が難しい要介護者が入院する施設である。

⇒ 設問通り

2 介護老人保健施設には、肺炎、尿路感染症又は帯状疱疹について、投薬、検査、注射、処置等を行った場合の加算がある。

⇒ 設問通り

3 介護老人保健施設は、在宅復帰を目指す施設であるため、看取りは行わない。

⇒ ✕ 「老人保健施設ではターミナルケアも提供される」

4 介護老人保健施設は、地域の住民やボランティア団体等との交流が制限されている。

⇒ ✕ 「介護老人保健施設は、その運営に当たっては、地域住民又はその自発的な活動等との連携及び協力を行う等の地域との交流に努めなければならない」

5 介護老人保健施設は、要介護度や所得の多寡を理由にサービスの提供を拒否することが禁止されている。

⇒ 設問通り

居宅サービス事業について適切なものはどれか。2つ選べ。

1 連携型定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所は,定期巡回サービス,随時対応サービス,随時訪問サービスを提供する。

⇒ 設問通り

2 指定訪問リハビリテーションの提供は,研修を受けた看護師が行うことができる。

⇒ ✕ 「指定訪問リハビリテーションの提供に関しては、看護師だけでなく、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が実施する」

3 介護予防訪問看護の対象者には,末期の悪性腫瘍の患者も含まれる。

⇒ ✕ 「末期の悪性腫瘍患者の場合、介護保険ではなく、医療保険による訪問看護を受けることになる」

4 短期入所療養介護の入所が4日以上になる場合は,医師の診療方針に基づき,居宅サービス計画に沿った短期入所療養介護計画を事業所の管理者が作成する。

⇒ 設問通り

5 通所リハビリテーション計画は,かかりつけ医の指示により作成しなければならない。

⇒ ✕ 「通所リハビリテーション計画は,ケアプランに基づいて作成される」

定期巡回・随時対応型訪問介護看護について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 居宅で生活している要支援者も利用できる。

⇒ ✕ 「居宅で生活している要介護認定を受けている人が対象」

2 心身の機能の維持回復を目指す。

⇒ 設問通り

3 随時訪問サービスは、随時の通報からおおむね30分以内に居宅に駆けつけられる体制確保に努めなければならない。

⇒ 設問通り

4 介護・医療連携推進会議の会議記録は、守秘義務の観点から公表してはならない。

⇒ ✕ 「介護・医療連携推進会議の記録は公表する義務があり、ホームページなどで閲覧できるなどの策が講じられている」

5 苦情処理では、苦情の内容を記録しなければならない。

⇒ 設問通り

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「保健医療サービス「介護保険施設と介護サービス」」の問題をまとめてみました

PAGE TOP
error: Content is protected !!