ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「保健医療サービス「介護老人保健施設」」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「保健医療サービス「介護老人保健施設」」は、ほぼ毎年に出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

介護老人保健施設に関する次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 ターミナルケア加算の算定において、入所者又は家族等の同意に基づくターミナルケアに係る個別計画の作成が必須である。

⇒ 設問通り

2 医師が配置されているため、感染症又は食中毒の予防及びまん延防止のための委員会は開催しなくてよい。

⇒ ✕ 「介護老人保健施設では、感染症又は食中毒の予防及びまん延防止のための委員会を、おおむね3か月に1回開催しなくてはならない」

3 褥瘡が発生しないように適切な介護を行うとともに、発生を予防するための体制を整備しなければならない。

⇒ 設問通り

4 開設者は、社会福祉法人、医療法人、地方公共団体その他の厚生労働大臣が定めた者に限られ、市町村長の許可を受けなければならない。

⇒ ✕ 「市町村長ではなく、都道府県知事の許可を受けなければならない」

5 介護療養型老人保健施設とは、療養病床から転換した夜間の看護体制などがある老人保健施設のことである。

⇒ 設問通り

介護老人保健施設が提供するサービスについて適切なものはどれか。3つ選べ。

1 緊急時施設療養費は、緊急時等にやむを得ない事情により行われる医療行為につき算定できる。

⇒ 設問通り

2 介護予防短期入所療養介護は、施設サービスであるので、要支援者は利用できない。

⇒ ✕ 「介護予防短期入所療養介護は、要支援の人が利用するショートステイです」

3 認知症専門ケア加算は、認知症の入所者に対して専門的な認知症ケアを実施した場合に、1日単位で算定できる。

⇒ 設問通り

4 短期入所療養介護の主な目的は、医療を集中的に行うことである。

⇒ ✕ 「短期入所療養介護の主な目的は医学的管理下で、機能訓練や病状の現状把握などを行うことです」

5 在宅の終末期ケアにおいても、介護負担が急激に増えたとき等には、短期入所療養介護の利用を検討する。

⇒ 設問通り

介護老人保健施設が提供するサービスについて適切なものはどれか。3つ選べ。

1 特別療養費は、入所者に対して指導管理等のうち日常的に必要な医療行為として行った場合に算定できる。

⇒ 設問通り

2 経口維持加算は、医師等の指示に基づき、管理栄養士その他の職種が共同して計画を作成し、継続して経口摂取を進めるための特別な管理を行った場合に算定できる。

⇒ 設問通り

3 栄養マネジメント加算は、常勤の管理栄養士又は経験のある栄養士を配置している場合に月単位で算定できる。

⇒ ✕ 「栄養マネージメント加算は、常勤の管理栄養士を1名以上配置することが条件」

4 ターミナルケア加算は、突然死の場合には、本人の了解が得られていなくても、その後のケアが必要なため算定できる。

⇒ ✕ 「ターミナルケア加算は本人や家族への説明を行い、同意を得ていることが必要」

5 認知症専門ケア加算は、認知症高齢者の日常生活自立度Ⅲ以上の者に対して専門的な認知症ケアを行った場合に1日単位で算定できる。

⇒ 設問通り

介護老人保健施設が提供するサービスについて適切なものはどれか。3つ選べ。

1 要支援1の者は、介護予防短期入所療養介護を利用できる。

⇒ 設問通り

2 分館型介護老人保健施設とは、病院又は診療所に併設され、入所者の在宅復帰の支援を目的とする定員29人以下の介護老人保健施設をいう。

⇒ ✕ 「分館型介護老人保健施設とは、複数の医師を配置している病院、または診療所との一体的な運営を条件として開設した老人保健施設のこと」

3 口腔機能維持管理加算は、歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、入所者に対し、口腔ケアを月4回以上行った場合に、算定できる。

⇒ 設問通り

4 入所前後訪問指導加算は、本人の同意があっても、退所後、居宅でなく他の社会福祉施設等に入所する場合には、算定できない。

⇒ ✕ 「入所前後訪問指導加算は、本人の同意があれば、退所後、居宅ではなく他の社会福祉施設等に入所する場合に算定できる」

5 認知症行動・心理症状緊急対応加算は、認知症行動・心理症状が認められるため在宅でも生活が困難であり、緊急に入所することが適当であると医師が判断した場合に、算定できる。

⇒ 設問通り

※「口腔機能維持管理加算」は、平成27年(2015年)度に「口腔衛生管理加算」へ名称変更され、平成30年(2018年)度から算定要件が月2回へ引き下げられました。

介護老人保健施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 在宅復帰施設としての役割・機能があるが、在宅生活の継続を支える役割もある。

⇒ 設問通り

2 在宅復帰支援機能加算の算定には、入所者が希望する指定居宅介護支援事業者への情報提供が要件となる。

⇒ 設問通り

3 病状が安定期にある要介護者を対象としていることから、診療等の医療行為を行うことはできない。

⇒ ✕ 「老人保健施設には医師や看護師が配置されており、診療を行うことは可能です」

4 従業者として、薬剤師の配置は定められていない。

⇒ ✕ 「介護老人保健施設にも薬剤師の配置が定められているが、業務委託することができる」

5 小規模介護老人保健施設には、サテライト型、医療機関併設型、分館型がある。

⇒ 設問通り

介護老人保健施設について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 若年性認知症の入所者を受け入れた場合には,介護報酬の加算を算定できる。

⇒ 設問通り

2 既存の介護療養型医療施設は,介護療養型老人保健施設に転換することができる。

⇒ 設問通り

3 施設長は,医師でなければならない。

⇒ ✕ 「開設者は都道府県知事の承認を受けた医師である必要があるが、管理者は医師でなくても良い」

4 退所時等指導加算は,退所後に自宅を訪問して生活指導を行っても算定できない。

⇒ ✕ 「退所時指導加算は、医療関係者がいる環境から自宅療養に移る際に利用者様やそのご家族に対して、当該者の療養上の指導を行った際に加算される」

5 口腔衛生管理体制加算は,歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が1か月に4回以上口腔ケアを行った場合に限り算定できる。

⇒ ✕ 「4回以上ではなく、1回以上で算定できる」

介護老人保健施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 施設内で入所者に対して行なった緊急な医療処置については、医療保険から給付される

⇒ ✕ 「施設内で入所者に対して行った緊急な医療処置については、介護保険から給付される」

2 看取りなどを行う際のターミナルケア加算は、算定できない

⇒ ✕ 「本人又は家族の同意を得て、入所者のターミナルケアに係る計画を作成し、医師、看護師、介護職員等が共同して、随時本人又はその家族への説明を行い、同意を得てターミナルケアを行っていれば算定できる」

3 入所者の居宅における外泊時には、介護保険施設サービス費は算定できないが、外泊時費用を月に6日まで算定できる

⇒ 設問通り

4 医師の指示に基づき必要と認められた場合は、経口移行加算は180日を超えても算定できる

⇒ 設問通り

5 一定の基準を満たす施設において、若年性認知症入所者に対して介護保険施設サービスを行なった場合には、受入加算を算定できる

⇒ 設問通り

介護老人保健施設について正しいものはどれか。3 つ選べ。

1 医療法人が設置する介護老人保健施設では、協力病院を定める必要がない。

⇒ ✕ 「介護老人保健施設では、必ず協力病院を定める必要がある」

2 サテライト型小規模介護老人保健施設及び分館型介護老人保健施設の2つの類型からなる。

⇒ ✕ 「介護老人保健施設の類型は、2018年からは基本型、加算型、在宅強化型、超強化型、その他の5つの類型に分類されるようになった」

3 介護老人保健施設は、入所者が不正行為によって保険給付を受けたときは、市町村に通報しなければならない。

⇒ 設問通り

4 感染症又は食中毒の予防のため、その対策を検討する委員会をおおむね三月に1回以上開催しなければならない。

⇒ 設問通り

5 入所者の心身の諸機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるため、リハビリテーションを計画的に行わなければならない。

⇒ 設問通り

介護老人保健施設について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 .要介護者であって、主として長期にわたり療養が必要である者に対してサービスを行う施設と定義されている。

⇒ ✕ 「介護老人保健施設は、「要介護者であって、主としてその心身の機能の維持回復を図り、居宅における生活を営むことが出来るようにするための支援が必要である者に対し、施設サービス計画に基づいて看護・医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行うことを目的とする施設」と定義されている」

2 .従来型の多床室に係る介護報酬は、在宅強化型と基本型の2類型だけである。

⇒ ✕ 「従来型の多床室に係る介護報酬は、在宅強化型、基本型、その他の3分類で区分されている」

3 .人員に関する基準には、医療分野から介護分野まで幅広い職種が含まれている。

⇒ 設問通り

4 .利用者の平均要介護度は、介護老人福祉施設の入所者のそれより低い。

⇒ 設問通り

5 .終末期にある利用者は、皆無である。

⇒ ✕ 「介護老人保健施設には、ターミナル加算があるため、終末期の利用者が皆無ではありません」

まとめ

PAGE TOP