生活支援(過去問=試験対策)

○生活とは、命の維持し育むための活動のことである。

○介護者は、利用者の生活習慣や意志の尊重をしなければならない。

○生活支援の基本視点として大切なのは、介護者の意向より利用者の意志を尊重することである。

〇生活支援は、利用者の価値観を優先して支援する。

○生活支援は、利用者の生活習慣を優先する。

○介護における生活支援とは障害があっても、健常者と同じように自分らしい生活をおくれるよう支援することである。

○介護における生活支援では、利用者ができることに焦点をあてる。

○生活の三要素は衣食住であり、健康の三要素は食事と排泄(はいせつ)と睡眠。

○生活圏とは、人間の生活のための行動に主眼をおき、買物、医療、レクリエーション、教養、通勤・通学などの行動が主として行われる範囲であり、これらは一生における幼年期・児童期・青年期・壮年期・老年期などのそれぞれの段階で変わっていく。

○利用者と介護従事者との相互の信頼関係の形成を図るために、介護従事者は簡潔な自己紹介をした上で、利用者がどのような生活を送りたいかを聞く。

○生活支援は、信頼関係に基づいて支援する。

○自立支援の定義は、自己選択・自己決定を支援することである。

生活支援の勉強メモ

生活の定義

生活とは、広辞苑(第五版)によれば「生存して活動すること、生きながらえること」「世の中で暮らしてゆくこと」である。

生活支援の考え方

生活支援は、利用者様の生活を支え、よりよい生活を実現することです。
その人が何を望んでいるのか、何を必要としているのか、社会は何を提供できるのか、そのようなことを考え続けながら実践することが生活支援の基本だといえます。

生活支援は、利用者の意志を尊重する。
生活支援は、利用者の価値観を優先する。
生活支援は、利用者の生活習慣を優先する。

介護と生活支援の関係

介護とは、「食事、排泄、清潔、睡眠などのさまざまな生活行為の崩れている束をつくり直す援助を通して、命を護り、生きる意欲を引き出すこと」と定義づけられ、この目的を実現する手段が、生活支援ということになる。

PAGE TOP