ケアマネ試験対策~「自分ノート」で一発合格勉強法!=介護支援分野=2018(平成30年度)第21回問題2


問題2 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の7つの柱として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 若年性認知症施策の強化

2 認知症の人の介護者への支援

3 認知症の発症割合の低減

4 高度認知症の人への集中的支援

5 認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の7つの柱

1.認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進
  主な政策:【認知症サポーター】

2.認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供
  主な政策1:【かかりつけ医の認知症対応力向上研修・認知症サポート医の養成研修】
  主な政策2:【歯科医師・薬剤師の認知症対応力向上研修】
  主な政策3:【認知症疾患医療センター】
  主な政策4:【認知症初期集中支援チーム】
  主な政策5:【病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修・看護職員認知症対応力向上研修】
  主な政策6:【BPSDガイドライン】
  主な政策7:【認知症介護実践者研修等】
  主な政策8:【認知症ケアパス】
  主な政策9:【認知症地域支援推進員】

3.若年性認知症施策の強化
  主な政策1:【若年性認知症コーディネーター】
  主な政策2:【全国若年性認知症コールセンター】
  主な政策3:【若年性認知症ハンドブック/ガイドブック】

4.認知症の人の介護者への支援
  主な政策:【認知症カフェ】

5.認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進

6.認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデル等の研究開発及びその成果の普及の推進

7.認知症の人やその家族の視点の重視

正答:1,2,5

1 〇

2 〇

3 ×新オレンジプラン6つ目の柱として認知症の予防法の研究開発が挙げられているが、新オレンジプラン自体が「(認知症の)予防法は十分に確立していない」としており、認知症の発症割合の低減というような具体的な数値目標に関わることなどは書かれていない。

4 ×新オレンジプランで推進しているのは、認知症「初期」集中支援チームの設置である。また、認知症の「疑いがある人」も医療機関による早期の診断という形で重視されている。高度認知症の人への集中的支援とは書かれていない。

5 〇

自分ノート

ケアマネ試験2021 一発合格するための勉強方法 ~手順その1~