介護支援分野 一問一答

平成28年度(第19回)問23

居宅介護支援アセスメントについて正しいものはどれか。2つ選べ。

1 認定調査員に委託できる。
2 指定市町村事務受託法人に委託できる。
3 居宅サービス計画原案を示しながら行う。
4 利用者の有する能力を評価する。
5 利用者の置かれている環境等を評価する。

正解は…4、5

参考

アセスメントとは?>

介護過程の第一段階で、利用者の課題分析を行います。今現在の身体状態や生活環境などを評価して、抱えている問題(課題)を整理します。利用者が日常生活を行う上で維持・向上させるために必要なこと(ニーズ)を把握しながら課題分析を行います。
アセスメントを行うことで利用者の全体像を把握することにより、最も適したサービスを提供することができるのです。

<課題分析に関する項目>
健康状態(既往歴、現病歴など)
ADL
IADL
認知能力
コミュニケーション能力
社会性
排尿・排便
褥瘡・皮膚の問題
口腔衛生
食事摂取
問題行動(徘徊、暴言暴力、介護への抵抗など)
介護力
居住環境
特別な状況(虐待・終末期など)

「居宅介護支援の制度とは?」ケアマネ試験に一発で合格したノート公開!

単語

居宅介護支援
アセスメント
認定調査員
指定市町村事務受託法人
居宅サービス計画原案

考察

アセスメントについては、頻出問題です。介護サービスを受けるための一番最初の段階で行われるのが、このアセスメントです。アセスメントでは、現在の課題を見つけ出し、その課題を解決していくための方法を分析する作業です。このアセスメントの優劣でご利用者の生活が向上できるかも介護支援専門員に係っています。モニタリングとの関係性や内容を覚えておきましょう。どのようなものか、しっかりと理解することが必要です。どんな問題が出ているのかが分かってきますので、しっかりと過去問と合わせて知識を覚えるようにしましょう。

「 ケアマネ過去問 介護支援分野」 一覧

スポンサーリンク



PAGE TOP