ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「生活保護制度」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「介生活保護制度」は、ほぼ毎年出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

生活保護における介護扶助について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護保険の被保険者である生活保護受給者が介護扶助を申請する場合には、要介護状態等の審査判定は福祉事務所自らが行う。

⇒ ✕ 「介護保険の被保険者である生活保護受給者が介護扶助を申請する場合には、要介護状態等の審査判定は介護認定審査会が行う」

2 介護保険の被保険者である生活保護受給者が居宅介護に関する介護扶助の申請をする場合には、居宅介護支援計画書等の写しが必要である。

⇒ 設問通り

3 介護予防特定福祉用具販売と介護予防住宅改修は、介護扶助に含まれる。

⇒ 設問通り

4 住宅改修と特定福祉用具購入に関する介護扶助は、現物支給で行われる。

⇒ ✕ 「住宅改修と特定福祉用具購入に関する介護扶助は、金銭給付で行われる」

5 介護扶助による居宅介護は、介護保険法の指定を受けた指定居宅サービス事業者のうち、生活保護法による指定を受けた事業者により提供される。

⇒ 設問通り

生活保護制度について、正しいものはどれか。3つ選べ。

1 生活保護の補足性の原理により、介護扶助よりも介護保険の保険給付が優先して給付される。

⇒ 設問通り

2 すべての被保護者に対する要介護認定は、介護扶助の要否判定の一環として生活保護制度で独自に行う。

⇒ ✕ 「生活保護受給者であっても、要介護認定は一般の介護保険被保険者と同様に介護認定を受ける」

3 被保護者の介護保険の保険料については、介護扶助から給付が行われる。

⇒ ✕ 「生活保護を受けている者の、介護保険料は「生活扶助」から給付される」

4 介護保険施設に入所している被保護者の日常生活費については、生活扶助から給付が行われる。

⇒ 設問通り

5 介護扶助の給付方法は、原則として現物給付により行われるが、住宅改修については金銭給付により行われる。

⇒ 設問通り

生活保護における介護扶助について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 介護扶助は、原則として現物給付によって行うものとされているが、これができないときや妥当でないとき等は、金銭給付によって行うことができる。

⇒ 設問通り

2 介護保険の被保険者でない生活保護受給者が介護扶助を受ける場合には、要介護認定は、介護扶助の要否判定の一環として生活保護制度で独自に行う。

⇒ 設問通り

3 介護保険施設に入所している生活保護受給者の日常生活費は、介護扶助の対象となる。

⇒ ✕ 「介護保険施設での日常生活費は、介護施設入所者基本生活費として、生活扶助により給付される」

4 居宅介護支援事業所が生活保護受給者に対して居宅介護支援を行う場合には、介護保険法の指定のほかに、生活保護法による指定を受ける必要はない。

⇒ ✕ 「介護保険法、生活保護法の両方の指定を受ける必要がある」

5 介護予防特定福祉用具の利用は介護扶助の対象であり、介護保険制度に基づく介護予防住宅改修は住宅扶助の対象である。

⇒ ✕ 「住宅改修は介護扶助の対象になる」

生活保護制度について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 生活保護受給者である介護保険の第1号被保険者の保険料は、介護扶助の対象となる。

⇒ ✕ 「介護保険料は生活扶助の対象」

2 介護扶助の対象者は、介護保険の第1号被保険者に限定される。

⇒ ✕ 「第2号保険者で介護認定を受けている方と、医療保険未加入者も含まれる」

3 介護予防支援計画に基づく介護予防は、生活扶助の対象である。

⇒ ✕ 「介護予防支援計画に基づく介護予防は、介護扶助の対象」

4 介護施設入所者基本生活費は、生活扶助として給付される。

⇒ 設問通り

5 介護扶助の対象でも、住宅改修など現物給付が難しいサービスについては金銭給付が認められている。

⇒ 設問通り

生活保護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護保険の第2号被保険者は、特定疾病による要介護又は要支援の状態にあっても、介護扶助の対象とはならない。

⇒ ✕ 「生活保護の第2号被保険者が要介護又は要支援の状態にあるときは、利用者負担については介護扶助から給付される」

2 生活保護は、原則として、個人を単位として行われる。

⇒ ✕ 「生活保護は、原則として世帯単位」

3 要保護者が急迫した状況にあるときは、保護の申請がなくても、必要な保護を行うことができる。

⇒ 設問通り

4 医療扶助は、原則として、現物給付である。

⇒ 設問通り

5 住宅扶助は、原則として、金銭給付である。

⇒ 設問通り

生活保護制度について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 介護保険施設に入所している生活保護受給者の日常生活費は、介護施設入所者基本生活費として、介護扶助から支給される。

⇒ ✕ 「介護保険施設に入所している生活保護受給者の日常生活費は、生活扶助から給付される」

2 医療扶助は、疾病や負傷による入院又は通院により治療を必要とする場合に、いずれの医療機関でも受給できる。

⇒ ✕ 「生活保護法などの指定を受けている医療機関である必要があ」

3 葬祭扶助には、火葬だけでなく、納骨に必要な費用も含まれる。

⇒ 設問通り

4 介護扶助の対象となる介護予防サービスは、介護予防支援計画に基づいて行われるものに限られる。

⇒ 設問通り

5 住宅扶助は、家賃だけに限られ、老朽化等にともなう住宅を維持するための補修費用は含まれない。

⇒ ✕ 「補修などの住宅を維持するために必要な費用も、住宅扶助の対象になる」

生活保護制度について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護保険の介護保険料は、生活扶助として給付される。

⇒ 設問通り

2 介護扶助による介護の給付は、介護保険法の指定を受け、かつ、生活保護法による指定を受けた事業者等に委託して行われる。

⇒ 設問通り

3 被保護者が介護保険の被保険者である場合は、介護保険の保険給付より介護扶助が優先して給付される。

⇒ ✕ 「原則として、介護保険の保険給付が優先される」

4 介護保険制度に基づく住宅改修は、住宅扶助の対象である。

⇒ ✕ 「介護保険制度に基づく住宅改修は、介護扶助の対象である」

5 医療扶助による医療の給付は、入院又は通院により治療を必要とする場合に、生活保護の指定医療機関に委託して行われる。

⇒ 設問通り

生活保護制度について正しいものはどれか。3つ選べ。

1  介護扶助は、原則として金銭給付であり、これができない場合に現物給付を行うことができる。

⇒ ✕ 「介護扶助は、介護保険サービスを利用した場合に現物給付される」

2  生活保護の申請は、同居している親族も行うことができる。

⇒ 設問通り

3 住宅扶助には、家賃だけでなく、老朽化に伴う住宅を維持するための補修費用も含まれる。

⇒ 設問通り

4  生活保護受給者である介護保険の第1号被保険者の介護保険料は、年金から特別徴収される場合以外は、生活扶助の介護保険料加算の対象となる。

⇒ 設問通り

5  介護施設入所者基本生活費は、介護扶助として給付される。

⇒ ✕ 「介護施設入所者基本生活費は、生活扶助として給付される」

活保護制度について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 保護は、世帯を単位として、その要否と程度が決められる。

⇒ 設問通り

2 介護扶助には、介護予防に関する給付も含まれる。

⇒ 設問通り

3 介護扶助における居宅介護は、必要があれば、居宅介護⽀援計画に基づかないものも認められる。

⇒ ✕ 「介護扶助における居宅介護は、居宅介護支援計画に基づいくものでなければならない」

4 65歳以上の被保護者の介護保険料は、介護扶助として給付される。

⇒ ✕ 「生活扶助として給付される」

5 ⽣業扶助は、原則として、⾦銭給付である。

⇒ 設問通り

生活保護制度について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 すべての被保護者に対する要介護認定は、介護扶助の必要性を判断するため、生活保護制度で独自に行う。

⇒ ✕ 「非保護者の要介護認定は、介護保険に基づいて行われる」

2 生活に困窮する外国人は、生活保護の取扱いに準じて必要な保護を受けることができる。

⇒ 設問通り

3 居宅介護支援事業所が生活保護受給者に対して居宅介護支援を行う場合には、介護保険法の指定のほかに、生活保護法による指定を受ける必要がある。

⇒ 設問通り

4 葬祭扶助は、原則として、現物給付である。

⇒ ✕ 「葬祭扶助は、原則として金銭給付される」

5 福祉事務所で生活保護を担当する査察指導員と現業員は、社会福祉主事でなければならない。

⇒ 設問通り

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「生活保護制度」の問題をまとめてみました

PAGE TOP