ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から介護支援分野「施設介護支援」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、介護支援分野「施設介護支援」は、毎年複数問題が出題され、居宅介護支援との区別が必要になります

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

介護保険施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

2012(平成24)年(第15回)

1 介護老人福祉施設の指定を受けるためには、老人福祉法上の特別養護老人ホームの設置認可を別途受けている必要がある。

⇒ 設問通り

2 介護老人福祉施設は、市町村長への届出により施設の廃止ができる。

⇒ ✕ 

3 介護老人保健施設は、都道府県知事から開設の許可を受けたものである。

⇒ 設問通り

4 介護老人保健施設の開設者には、社会福祉法人も含まれる。

⇒ 設問通り

5 介護老人保健施設の開設許可は、医療法に基づき行われる。

⇒ ✕ 

介護保険施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

2014(平成26)年(第17回)

1 地域密着型介護老人福祉施設は、含まれる。

⇒ ✕ 「地域密着型介護老人福祉施設は、地域密着型サービス」

2 認知症対応型共同生活介護は、含まれる。

⇒ ✕ 「認知症対応型共同生活介護介護(グループホーム)は、地域密着型サービス」

3 共済組合は、介護老人保健施設を開設できる。

⇒ 設問通り

4 健康保険組合は、介護老人保健施設を開設できる。

⇒ 設問通り

5 介護老人保健施設には、広告の制限がある。

⇒ 設問通り

介護保険施設

①介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

②介護老人保健施設(老人保健施設)

③介護療養型医療施設(療養型病床群等)

④介護医療院

介護保険施設について正しいものはどれか。2つ選べ。

2016(平成28)年(第19回)

1 地方公共団体は、介護老人保健施設を開設できる。

⇒ 設問通り

2 都道府県知事は、開設許可に当たっては、都道府県議会の意見を求めなければならない。

⇒ ✕ 「そのような規定はない」

3 指定介護老人福祉施設の管理者は、原則として、医師でなければならない。

⇒ ✕ 「指定介護老人福祉施設の管理者は、専ら当該指定介護老人福祉施設の職務に従事する常勤の者でなければならないという規定はあるが、医師でなければならないという規定はない」

4 第三者評価の結果を公表することが義務付けられている。

⇒ ✕ 「第三者からの評価を受けることに努める必要はありますが、結果を公表することは義務付けられていない」

5 都道府県の条例で定める員数の介護支援専門員を有しなければならない。

⇒ 設問通り

指定介護老人福祉施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

2015(平成27)年(第18回)

1 入所定員は、30人以上である。

⇒ 設問通り・・・「指定介護老人福祉施設は定員が30人以上である」

2 特別養護老人ホームの開設者でなければ、指定を受けることができない。

⇒ 設問通り

3 都道府県知事が指定する。

⇒ 設問通り

4 市町村は、設置できない。

⇒ ✕ 「市町村及び地方独立行政法人は、厚生労働省令の定めるところにより、あらかじめ、厚生労働省令で定める事項を都道府県知事に届け出て、養護老人ホーム又は特別養護老人ホームを設置することができる」

5 地方独立行政法人は、設置できない。

⇒ ✕ 「市町村及び地方独立行政法人は、厚生労働省令の定めるところにより、あらかじめ、厚生労働省令で定める事項を都道府県知事に届け出て、養護老人ホーム又は特別養護老人ホームを設置することができる」

指定介護老人福祉施設施設サービス計画について正しいものはどれか。3つ選べ。

2016(平成28)年(第19回)

1 地域住民の自発的な活動を位置付けるよう努める。

⇒ 設問通り

2 作成に係るサービス担当者会議の開催等を要する。

⇒ 設問通り

3 入所者の家族にも必ず交付しなければならない。

⇒ ✕ 「入所者に対して、施設サービス計画を交付しなければならない」

4 施設の行事や日課を記載する。

⇒ 設問通り

5 月に1回はモニタリングを行わなければならない。

⇒ ✕ 「定期的にモニタリングを実施することになっていますが、明確な頻度の規定はない」

指定介護老人福祉施設施設サービス計画について正しいものはどれか。3つ選べ。(注)選択肢1、2及び3は「指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第39号)の定める内容による。

2016(平成28)年(第19回)

1 地域住民の自発的な活動を位置付けるよう努める。

⇒ 設問通り

2 作成に係るサービス担当者会議の開催等を要する。

⇒ 設問通り

3 入所者の家族にも必ず交付しなければならない。

⇒ ✕ 「施設サービス計画を交付しなければならないとされているのは、入所者に対して」

4 施設の行事や日課を記載する。

⇒ 設問通り

5 月に1回はモニタリングを行わなければならない。

⇒ ✕ 「定期的にモニタリングを実施することになっていますが、明確な頻度の規定はない」

指定介護老人福祉施設について正しいものはどれか。2つ選べ。

2017(平成29)年(第20回)

1 入所者の退所に際しては、居宅介護支援事業者に対する情報の提供に努めなければならない。

⇒ 設問通り

2 施設サービス計画は、介護支援専門員以外の者に作成させることができる。

⇒ ✕ 「施設サービス計画は、施設の介護支援専門員が行う」

3 サービス担当者会議の開催は、計画担当介護支援専門員が行う。

⇒ 設問通り

4 常時2人以上の常勤の介護職員を従事させなければならない。

⇒ ✕ 「夜勤も含め、常勤の介護職員を常時1名以上配置しなければならない」

5 1週間に1回、入所者を入浴させなければならない。

⇒ ✕ 「1週間に2回以上、入浴もしくは清拭を行わなければならない」

指定介護老人福祉施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

2019(令和1)年(第22回)

1 入所定員は、20人以上である。

⇒ ✕ 「入所定員は30人以上」

2 市町村や社会福祉法人は、設置することができる。

⇒ 設問通り

3 施設サービス計画に基づき介護福祉施設サービスを行う。

⇒ 設問通り

4 都道府県の条例で定める員数の介護支援専門員を有しなければならない。

⇒ 設問通り

5 管理者は、原則として医師でなければならない。

⇒ ✕ 「介護老人福祉施設の管理者は、医師でなくてもよい」

介護老人福祉施設計画担当介護支援専門員の業務として、適切なものはどれか。3つ選べ。

2010(平成22)年(第13回)

1 .施設職員を管理する。

⇒ ✕ 「管理者の責務であり、介護支援専門員の仕事ではない」

2 .週間サービス計画表又は日課計画表のいずれかを作成する。

⇒ 設問通り

3 .施設サービス計画書及び個別計画書のいずれも作成する。

⇒ ✕ 「施設サービス計画書と個別計画書は別のものである。施設サービス計画書は介護支援専門員が、個別計画書は施設サービス計画書をもとに他の専門職が作成する」

4 .苦情の内容を記録する。

⇒ 設問通り

5 .介護事故の状況や対応について記録する。

⇒ 設問通り

施設サービス計画について正しいものはどれか。2つ選べ。

2010(平成22)年(第13回)

1 施設サービス計画は、入所者が認知症の場合には、本人ではなく家族に交付する。

⇒ ✕ 「本人が認知症であっても、本人に交付する」

2 総合的な援助の方針は、利用者と介護支援専門員の両者で相談して記載する。

⇒ ✕ 「総合的な援助の方針は、利用者本人の希望及び利用者に対してのアセスメントに基づき、利用者の家族の希望を勘案して記載する」

3 長期及び短期目標は、実際に解決可能と見込まれるものを設定する。

⇒ 設問通り

4 サービス内容に掲げたサービスを実施する期間を設定するときは、認定の有効期間も考慮する。

⇒ 設問通り

5 サービス内容の記載に当たっては、施設内の介護保険給付対象サービスに絞って記載する。

⇒ ✕ 「介護給付以外の地域ボランティアなども含めて施設サービス計画に位置づけ、総合的な計画となるよう努める」

施設サービス計画課題分析について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

2010(平成22)年(第13回)

1 入所者の能力や環境を評価する。

⇒ 設問通り

2 3ヵ月に1回行うこととされている。

⇒ ✕ 「随時必要に応じて実施するということになっており、何ヶ月に1回などの規定はない」

3 課題分析標準項目に準拠した、施設独自のアセスメント表を使用できる。

⇒ 設問通り

4 施設サービス計画の作成依頼を受けてから行う。

⇒ ✕ 「施設サービス計画書は、入所時に必ず作成しなければならないので、作成依頼があるかどうかは関係ない」

5 課題分析標準項目ごとに各専門職が分担して行う

⇒ ✕ 「施設サービス計画の課題分析は、介護支援専門員が行う」

施設における介護支援サービスについて、より適切なものはどれか。2つ選べ。

2011(平成23)年(第14回)

1 .集団生活のスケジュールに基づいて画一的に行う。

⇒ ✕ 「画一的ではなく、個々に合ったサービスを行う」

2 .施設で生活が完結できるよう、施設内のサービスだけで施設サービス計画を作成する。

⇒ ✕ 「施設外のサービスやボランティア、地域の催し等も積極的に取り入れる」

3 .自立した生活よりも、依存して生活できるような施設サービス計画を作成する。

⇒ ✕ 「施設サービスであっても、自立した生活を目指す」

4 .居宅と同じように、サービスの調整やその人らしい生き方を支援する。

⇒ 設問通り

5 .施設サービス計画は、居宅サービス計画と同様に、基本計画である。

⇒ 設問通り

施設サービス計画について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

2011(平成23)年(第14回)

1 施設サービス計画書は、入所者に毎月交付しなければならない。

⇒ ✕ 「施設サービス計画書は毎月交付される必要はない」

2 月1回のモニタリングが義務付けられている。

⇒ ✕ 「モニタリングの頻度は入所者の状況によって弾力的に考慮することが出来るため、月1回という義務はない」

3 入所時には、サービス担当者会議を開催しなければならない。

⇒ ✕ 「入所時に行なうものではない」

4 アセスメント表は、課題分析標準項目を満たしていれば、施設独自のものでよい。

⇒ 設問通り

5 計画担当介護支援専門員は、相談面接技術の修得に努めなければならない。

⇒ 設問通り

施設サービス計画課題分析について、より適切ものはどれか、2つ選べ。

2014(平成26)年(第17回)

1 課題分析標準項目には、認知能力に関する項目は含まれない。

⇒ ✕ 「課題分析標準項目には、認知能力に関する項目は含まれる」

2 課題分析標準項目には、介護力に関する項目は含まれる。

⇒ 設問通り

3 課題分析標準項目には、介護認定審査会の意見に関する項目は含まれない。

⇒ ✕ 「課題分析標準項目には、介護認定審査会の意見に関する項目が含まれる」

4 入所者及びその家族に面接して行わなければならない。

⇒ 設問通り

5 他の介護保険施設から転入した入所者については、省略することができる。

⇒ ✕ 「他の介護施設から転入した入所者についても、省略することはない」

施設サービス計画課題分析について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

2019(令和1)年(第22回)

1 課題分析標準項目には、介護力に関する項目は含まれる。

⇒ 設問通り

2 課題分析標準項目には、認知に関する項目は含まれない。

⇒ ✕ 「認知に関する項目は、課題分析標準項目に含まれている」

3 課題分析標準項目には、認定情報に関する項目は含まれない。

⇒ ✕ 「認定情報に関する項目は、課題分析標準項目に含まれている」

4 課題分析標準項目ごとに、各専門職が分担して行う。

⇒ ✕ 「各職種による分担ではなく、ケアマネジメントの主を担う介護支援専門員が、課題分析標準項目を目安としながらアセスメントを行う」

5 課題分析標準項目を具備した施設独自のアセスメント表を、使用することができる。

⇒ 設問通り

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から介護支援分野「施設介護支援」の問題をまとめてみました

PAGE TOP
error: Content is protected !!