ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「ソーシャルワーク」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「ソーシャルワーク」はソーシャルワークの中に位置付けられ、他の技術と共に出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

介護支援専門員が行うソーシャルワークについて、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 介護保険は社会的によく知られるようになったので、ニーズ発見のためにこれ以上制度の周知に努める必要はない。

⇒ ✕ 「介護保険制度の詳細な内容はまだ認知されているとは言えず、ニーズ発見のために制度の周知に努める必要がある」

2 ニーズがあるにもかかわらず介護保険サービスを利用としない要介護者に対しては、サービス利用の意義などに関する専門的意見を伝える。

⇒ 設問通り

3 要介護者に対するサービス利用を調整しているときに、別居している家族から利用を取消したいとの連絡があり、本人も同意しているとのことなので、サービスの利用の調整を止めた。

⇒ ✕ 「家族から利用の取り消しの申し出があった時でも、直接本人に事情や意思を確認する必要がある」

4 家族の間に秘密があるとトラブルが生じやすいので、要介護者から得られた情報はそのまま家族に伝える。

⇒ ✕ 「.家族の間であってプライバシーはあります。本人の同意を得てから伝情報などは家族に伝えるようにしなければならない」

5 家族の援助が必要な要介護者であるにもかかわらず、それをしない家族に対しても、家族関係の調整をしながら、あきらめずに継続的に働きかける。

⇒ 設問通り

ソーシャルワークに関する次の記述のうち、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者本人が希望したサービス利用を同居家族が取り消す場合には、家族の意向を優先し、サービスを中止する。

⇒ ✕ 「家族の意向だけでなく、本人の意向を確認しニーズを把握したうえで決定する必要がある」

2 外国人が日本の福祉サービスを利用することはほぼないので、外国人に対する支援団体にサービスの情報を提供する必要はない。

⇒ ✕ 「外国人であっても条件を満たせば介護サービスが利用できます。より良いサービスが提供できるように必要な情報は提供されなければならない」

3 高齢者は、自分の育て方が悪かったとか、家の恥だと考える場合には、子供による自分への虐待を話さないことが多い。

⇒ 設問通り

4 高齢者本人が自覚していないニーズを発見するには、ボランティアによる話し相手としての訪問や会食への誘いなどが有効な場合も多い。

⇒ 設問通り

5 アルコール依存症のように明らかとなっている病気に対応するだけでなく、生活との関連から、隠れた原因を明らかにする必要がある。

⇒ 設問通り

ソーシャルケースワークに関する次の記述のうち、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 福祉関連の相談機関でのみ用いられる援助の技法である。

⇒ ✕ 「福祉関連の相談機関のみでなく、相談を必要とするあらゆる場面で用いられる」

2 ソーシャルワーカーは、クライエントが自己決定能力を最大限に発揮できるように支援をする。

⇒ 設問通り

3 ソーシャルワーカーは、クライエントとの面接が中心となるので、多様な社会資源のコーディネーターとしての機能は果たさない。

⇒ ✕ 「利用できる社会資源に関してアドバイスを行なうことは、ソーシャルワーカーの重要な仕事です」

4 ソーシャルワーカーは、共感的理解を深めるとともに、客観的に状況を理解するために、クライエントと一定の距離感を保たなければならない。

⇒ 設問通り

5 ソーシャルワーカーとの面接を通して、クライエントは自分の問題に関する理解を深めていく。

⇒ 設問通り

ソーシャルワークに関する次の記述のうち、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 クライエントの意欲を高めるために、小さな事柄から自己決定を促すことが重要である。

⇒ 設問通り

2 クライエントが希望する必要なサービスを同居家族が望まない場合には、家族の意向を優先する。

⇒ ✕ 「家族の意見も大事ですが、やはり利用者様本人の気持ちや考えを聞いて、双方の考えなどを理解してくことが大事です」

3 クライエントと家族の間の問題を調整することは、クライエントとの信頼関係を崩壊させる原因となるため、できるだけ控えるべきである。

⇒ ✕ 「話し合いをたくさんして、問題点や、利用者様本人の意見や考えを理解していく方が大事」

4 クライエントに必要な介護サービス等を活用して、家族の過重な介護負担を軽減する。

⇒ 設問通り

5 クライエントの生命の危険を予見したときは、専門職による介入を試みる。

⇒ 設問通り

ソーシャルワークに関する記述のうち、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 家族からサービスの利用を取り止めたいとの連絡があったときは、すぐに中止の手続きをする

⇒ ✕ 「家族からの連絡だけで判断するのではなく、必ず本人の意向を確認する必要がある」

2 認知症のクライエントは自分で判断することが困難であるため、専ら家族の判断を仰ぐ

⇒ ✕ 「認知症のクライエントであっても、本人の思いを聴きとるということをし、本人の思いを尊重することが大切である」

3 同居家族がいるクライエントからの訪問介護サービスの利用希望に対しては、まず家族による支援を受けるよう指導する

⇒ ✕ 「同居家族の支援を求める必要もありますが、指導することは適切ではない」

4 家族との関係が悪化しているクライエントに対しては、家族関係の調整を継続的に行う

⇒ 設問通り

5 家族の過重な介護負担を軽減するために、必要な介護サービスを有効に活用する

⇒ 設問通り

ソーシャルワークに関する次の記述のうち、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 ラポールとは、主訴をとらえてニーズを確定することである。

⇒ ✕ 「ラポールとは、援助者とクライエントの心が通じ合い、信頼し合って、相手を受け入れている状態をいう」

2 アセスメントシートの順番に従い、すべての項⽬を尋ねなければならない。

⇒ ✕ 「面接においては、チェックシートがあっても順番にすべての項目を埋める必要はない。本人の状態によって工夫することも大事である」

3 アセスメントは、クライエント本⼈からの情報のみで⾏うものではない。

⇒ 設問通り

4 援助計画は、柔軟に変更できるよう、可能な限り抽象的に⽴てることが重要である。

⇒ ✕ 「援助計画は、項目ごとに具体的に決める必要がある」

5 事後評価には、スーパービジョンを受けることも含まれる。

⇒ 設問通り

ソーシャルワークに関する次の記述のうち、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 インテーク面接で得られた情報が少ない場合には、それを記録する必要はない。

⇒ ✕ 「情報が少なくても記録しておく必要がある」

2 クライエントの主訴のとおりに援助計画を立てることが、重要である。

⇒ ✕ 「ライエントの主訴を傾聴することが必要ですが、本当にクライエントのためになる要望であるのかを検討し、支援を考えていくことが望ましい」

3 モニタリングとは、援助計画の進捗を定期的、継続的に観察して評価することである。

⇒ 設問通り

4 多職種連携の際は、誰もが支援できるように、それぞれの役割を曖昧にすることが重要である。

⇒ ✕ 「他職種連携の際は、各職種がその専門性を発揮できるようそれぞれの役割を明確化することが大切である」

5 クライエントとソーシャルワーカーとの契約とは、両者の間で焦点となる問題や目標を明らかにして、援助に関する合意をすることである。

⇒ 設問通り

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「ソーシャルワーク」の問題をまとめてみました

PAGE TOP
error: Content is protected !!