ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「職業倫理」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「職業倫理」はソーシャルワークの中に位置付けられ、他の技術と共に出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

相談援助におけるワーカーの姿勢について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 ワーカーは、抱えている問題でクライエントを類型化するのではなく、一人ひとりを個別の存在として理解する。

⇒ 設問通り

2 ワーカーは、認知症の人が自分自身で判断しないとき、代わりに決定を下すようにする。

⇒ ✕ 「ワーカーは、認知症の人が自分で判断しない時、判断の援助を行うが、代わりに決断を下してはならない」

3 ワーカーは、自らの価値観でクライエントを評価したり、非難したりしない。

⇒ 設問通り

4 ワーカーは、クライエントの問題を理解することの妨げになるので、クライエントが表出する感情には対応しない。

⇒ ✕ 「クライエントが感情を表出した場合、感情的に巻き込まれることがないように注意しながら情緒的関与を行う」

5 ワーカーは、クライエントが打ち明けた情報をクライエントの許可なく第三者に漏らしてはならない。

⇒ 設問通り

相談援助者の職業倫理について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 クライエントから相談を受けている内容が深刻であったため、その具体的内容を自分の家族に話し、よいアドバイスを得た。

⇒ ✕ 「クライアントの情報を勝手に話すことは、守秘義務の観点から問題がある」

2 相談場面での情報は、相談の目的に照らし、クライエント本人がその必要性を納得する限りにおいて集めることができる。

⇒ 設問通り

3 利用者宅でサービス担当者会議を行った後、同僚と近隣の喫茶店でケアプランの変更内容について検討を続けた。

⇒ ✕ 「個人情報を含む内容についての検討を外部に漏れるような場所で行ってはならない」

4 利用者の現住所について利用者の親戚を名乗る人から問い合わせがあったので、事業所の判断で情報を提供した。

⇒ ✕ 「本人の承諾なしに他者に情報を提供することは出来ない」

5 相談援助者自身が職業倫理に違反する行為を自覚していない場合があるため、スーパービジョンによる点検が重要である。

⇒ 設問通り

ソーシャルワークの観点から、 クライエントの自立支援を行う上で、 より適切なものはどれか。 3つ選べ。

1 クライエントの可能性を広げ、 意欲を高めていくことが大切である。

⇒ 設問通り

2 クライエントの周囲との安定的で建設的な関係を作り、 それを維持することが重要である。

⇒ 設問通り

3 クライエントが間違っている場合には、 一定の行動や価値に従うように強制すべきである。

⇒ ✕ 「行動や価値を一方的に強制すべきではない」

4 クライエントの意欲を高めるためには、 小さな事柄から自己決定を促すことが効果的である。

⇒ 設問通り

5 社会的孤立が深まっている場合であっても、 対人関係を持ちたくないというクライエントの意思を全面的に尊重すべきである。

⇒ ✕ 「クライエントが対人関係を否定するのには何か理由があるはずです。それに対する傾聴、適切なアプローチを行うことにより、社会的孤立を回避する方法を探ることが大切である」

相談援助者の職業倫理について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 近隣住民から説明を強く求められたため、クライエントの同意を得ないで、近隣住民にクライエントの状況を詳細に話した。

⇒ ✕ 「本人の同意なしに、個人情報を外部に漏らすことは禁止されている」

2 クライエントの生活歴に個人的興味があったので、クライエントに詳しく尋ねた。

⇒ ✕ 「個人的な興味で必要以上の質問をするのは適切ではない」

3 個人情報の扱いについてクライエントに説明し、了解を得た上で、訪問介護事業者にクライエントの家族歴、生活歴に関する情報を提供した。

⇒ 設問通り

4 相談援助者が守るべき秘密の内容は、クライエントが面接場面で語ったことだけであり、関連資料から得られるものは含まれない。

⇒ ✕ 「書類等の資料から得られた内容も秘密保持に含まれる」

5 クライエントが感情的に取り乱したり、怒りを爆発させたりした事実を、クライエントの承諾なしに他に漏らしてはならない。

⇒ 設問通り

ソーシャルワークの観点から、クライエントの自立支援を行う上で、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 クライエントの自立を促進し、自己決定の力を強めていくことが大切である。

⇒ 設問通り

2 クライエントに対して、一方的な押し付けや庇護的態度が必要な場合もある。

⇒ ✕ 「一方的に押し付けるのではなく、自己決定、セルフ・アドボカシーができるように、エンパワメントしていくことが必要です」

3 可能な限りその人らしい生活の構築を試みることが、重要である。

⇒ 設問通り

4 クライエントの意欲を高めるためには、日常の小さな事柄から始める自己決定の体験が効果的である。

⇒ 設問通り

5 発言力の弱いクライエントの場合には、相談援助者が本人に代わって判断することが大切である。

⇒ ✕ 「自己決定、セルフ・アドボカシーができるように、エンパワメントしていくことが必要です」

相談援助者の職業倫理について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 クライエントに対する個人的な興味に基づいて質問するべきではない。

⇒ 設問通り

2 事例検討の内容があまりにもつらいものであったため、自宅でその具体的な内容を家族に話した。

⇒ ✕ 「秘密保持契約を交わしていますので、やってはいけないことである」

3 クライエントの表情や家族の様子については、守秘義務の範囲ではない。

⇒ ✕ 「本人を特定できるような情報は守秘義務に反する」

4 退職後は、クライエントから相談があったことについて守秘義務はない。

⇒ ✕ 「退職後も守秘義務は継続される」

5 職業倫理の違反を予防するためにも、スーパービジョンは有効である。

⇒ 設問通り

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「職業倫理」の問題をまとめてみました

PAGE TOP