介護福祉士試験 介護過程-介護過程とチームアプローチ-合格するための過去問分析


介護過程とチームアプローチ(過去問=試験対策)

○ケアマネジメントにおいては、状況に応じて個別援助技術を活用することができる。

○ケアマネジメントでの個別性とは、個々人の生活ではそれぞれ異なるニーズがあることを前提に、ケアプランを考えることである。

○ケアマネジメントの継続性とは、過去の状況がどういう影響を与え、さらには将来にわたってどう影響していくかを見通し、ケアプランを考えることである。

○ケアマネジメントでは利用者の生活の質(QOL)の向上のために、利用者のニーズに沿いながら、提供するサービスの調整を図る。

○社会福祉実践において、デイサービス事業やショートステイ事業などに代表されるような公的機関や専門職が提供するフォーマルサポートと、家族や近隣者、そしてボランティアに代表されるインフォーマルサポートがあり、意図的に各種サポートの有機的な連携を活用しながら利用者を支援する方法の一つとしてケアマネジメントがある。

○ネットワークは行政・制度的ネットワークや親族・近隣ネットワーク、医療・保健ネットワークなどさまざまな領域がある。この中にはボランティアもこの中に含まれる。

○社会活動法(ソーシャル・アクション)は、社会環境や社会システムを創造、改革することである。

○ボランティアコーディネーターはボランティアの受け入れについて、事前に利用者に説明し了解を得る。

○ボランティアコーディネーターはボランティアには、活動中の事故に備え、ボランティア保険に加入することをすすめる。

○ボランティアは、チームメンバーになることができる。

○利用者がチームアプローチの中心は利用者であり、介護福祉士、ケアマネ、医師、看護師、栄養士、ソーシャルワーカー、ボランティア等がチームのメンバーとなる。

○チームアプローチでは、他職種と情報交換し利用者の生活課題を明確化する

介護過程とチームアプローチの勉強メモ

ケアマネジメントの進め方

1: 利用者の顕在的及び潜在的能力並びに利用者の包括的なニーズを把握し、利用できる資源を評価する。

2: 利用者個々人に対して、24時間、1週間、1か月などにわたる総合的な援助計画を立てる。

3: 援助計画に基づいて諸資源を活用する。

4: 利用者に提供されるべき諸サービスが適切に提供されているかどうかを確認し評価する・・である

ケアマネジメントは、複合的な社会生活上の問題を抱える要援護者に対して、その問題の解決のために必要な社会資源を適切な時機に適切な方法で結びつける手続きの総体である。

ケアマネジメントの過程

1.入口(ケース発見、スクリーニング及びインテーク)

2.アセスメント

3.ケース目標の設定とケアプランの作成

4.ケアプランの実施

5.監視及びフォローアップ

6.再アセスメント

7.終結

フォーマルサポート

公的機関や専門職による制度に基づくサービスや支援のこと。
具体的には、介護保険サービス、介護保険外の行政サービス、医療・保健サービス、地域包括支援センターや社会福祉協議会の支援、非営利団体(NPO)などの制度に基づくサービスなどが挙げられる。

インフォーマルサポート

公的機関や専門職による制度に基づくサービスや支援以外の支援のこと。
具体的には、家族、近隣、友人、民生委員、ボランティア、非営利団体(NPO)などの制度に基づかない援助などが挙げられる。