その他(過去問=試験対策)

○認知症の老人の徘回は、ほとんどの場合、やさしく分かりやすい説明をすると気持ちがおさまるものである。

○認知症老人に対しては危険を防止するためであっても、部屋もしくは玄関に旋錠してはならない。

○認知症のお年寄りについては行動制限を強化すると、徘徊など不安定さが激しくなることも予測されるので、可能な限り自由な行動を認める。

○認知症の老人との対話がすれ違っても、介護従事者は社会人どうしの対話という原則に留意して行うべきである。

○認知症のある人には、その人の言動から気持ちを察し受容する。

○認知症のある人には相手の動作・行為のペースに合わせて介護する。

○認知症のある人には、感性的な納得を助けるコミュニケーションの技法に心掛ける。

○認知症高齢者には、「知らない人がいる」というような幻覚がみられることがある。このような場合は、否定しないで受け止めてあげる。

○認知症高齢者とのコミュニケーションは、高齢者にわかりやすい言葉で、優しいしぐさや暖かいまなざしを加えると効果的である。

○認知症高齢者に対しては、思い出深いことがらに焦点を合わせて話をすると、コミュニケーションがとりやすくなる。

○認知症高齢者が同じ話を繰り返しても、嫌な顔をしないで、その都度話を聴いたほうがよい。

○認知症の老人についてはルールが簡単で結果が分かり易いゲーム遊びを積極的に取り入れる。

○認知症老人については、散歩を共にし、介護従事者は天候・景色・草花等を話題にして思い出を喚起する。

○認知症老人については、好きな歌を歌う機会を作り、リズムを楽しみ、楽しい感情を皆で共有する。

○認知症老人については個人の趣味、生活経験等を配慮して、縫い物・書道・調理等の活動を取り入れる。

○認知症老人の援助については、住み慣れた地域で、今までの生活様式を大切にしながらどのように地域社会が援助していけるかが問われている。

○認知症のある老人については、寝たきりにさせないように介護することで意欲の低下を防止するための計画を立てたほうがよい。

○認知症老人の残存機能の維持・回復は、体操、音楽、縫い物などが効果的である。

○認知症老人には、適切な生活刺激が必要であるが、昔話や童話などを使った回想法なども有効である。

○認知症老人の家族の援助に当たっては、家族が専門医の診断に基づいて痴呆症状について正しく理解することが、まず求められる。

○介護従事者は、認知症の老人の目をとおした生活現象をそのまま受けとめることも必要である。

○認知症老人を理解するためには、痴呆症状についての医学的な知識が必要である。

○認知症の高齢者は浴室やトイレ等の場所が分からなくなるので、大きなシールを貼って、視覚的な情報が伝わるように改善した方がよい。

○認知症の高齢者は、食事をしたことを忘れてすぐに食べたがるので、食堂に表示板を取り付けて、食事が終わったら○をつけるなど、確認できるような工夫も大切である。

○認知症の高齢者は、家の中で自由に歩き回れるように、各部屋の段差をなくし、転倒などの事故がないように工夫することも大切である。

○認知症の高齢者は、トイレで鍵をかけて出られなくなることもあるので、鍵を取り外したほうがよい。

○いわゆる盗られ妄想は、老人性認知症に特徴的な症状の一つである。

○ショートステイを利用する認知症高齢者の介護が、新しい生活環境に慣れない場合、介護従事者はよく観察し、必要に応じて気持ちを落ち着かせる工夫をした。

○認知症高齢者同士になじみの関係ができていると、気分が安定することが多い。

○認知症高齢者は、おはじき、お手玉など子ども時代の遊びをすると、気分が安定することがある。

○認知症高齢者が、新しい環境に慣れるためには、使い慣れた家具・調度品などは目に見えるところに置いておくと落ち着く。

○病院への入院や、施設への入所などの生活環境の変化は、精神を刺激するので、認知症の症状を助長させてしまう。

○認知症高齢者が日時や自分のいる場所が分からなくなるのは見当識障害の場合もあるので、専門家の判断を求めることが望ましい。

○家族が介護している認知症高齢者を援助する場合、介護従事者はその家族を支援することも必要である。

○認知症高齢者に対しては、上手にできなくても、危険や感染などにつながらない行動であればとがめない。

○認知症高齢者に対しては、話が通じなくても、優しい仕草やまなざしで、感情に働きかけることが重要である。

○認知症高齢者は、通常の物忘れは体験の一部に限定され自分でも忘れたことに気がついているが、認知症の場合は、体験そのものを忘れてしまうといった記憶障害が起こりやすい。

○認知症は物忘れにとどまらずに、失見当や認知障害へと進行するが、そうした自分の障害を自覚していないものである。

○認知症のある人が何らかの意思表示ができる場合には、一緒に介護計画を考える必要がある。

○認知症の人に対しては重度であっても、本人の願いを理解し、潜在能力を最大限にいかすことを基本とするていくことを基本とする。

○認知症の人に対しては不潔行為を避けるために、つなぎのパジャマを着せることは身体拘束にあたる。

○認知症の人が夜間、他の利用者の部屋に入ったので、介護職員の部屋で一緒にお茶を飲むなどして落ち着かせることは適切である。

○認知症の人の訴えを根気よく聞くことにより、心身の状況を把握するとともに情緒の安定がはかられることがある。

○アルツハイマーの利用者の暴力行為が続く場合は、ケア会議を開いて対応を検討したほうがよい。

その他の勉強メモ

PAGE TOP
error: Content is protected !!