平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問50

介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 要介護1又は2の利用者については、いかなる場合でも20分未満の身体介護中心型の単位を算定することはできない。
2 利用者が飼育している猫の世話は、生活援助として算定する。
3 嚥下障害のある利用者への流動食の調理は、身体介護として算定する。
4 午後10時から午前6時までの時間に訪問介護サービスを行った場合には、1回につき所定単位数の100分の50を加算する。
5 買物の際に、車いすで移動しながら本人が品物を選べるようにする支援は、
生活援助として算定する。

解答

正解は…3・4
1 ✖ 要介護1又は2の利用者であって、
日常生活自立度のランクⅡ以上に該当する者については、
20分未満の身体介護中心型の単位を算定することができる。
2 ✖ 利用者が飼育している猫の世話は、生活援助に該当しない。
3 〇 専門的配慮をもって行われる調理は、身体介護に該当する。
4 〇
5 ✖ 生活援助に該当する内容であっても、
本人と一緒に行うものについては、身体介護として算定する。

参考

単語

訪問介護とは?

介護保険の居宅サービス(自宅で利用できるサービス)のひとつで、介護福祉士や、訪問介護員(ホームヘルパー)などが家庭を訪問して、入浴・排せつ・食事などの介護や、調理・洗濯・掃除などの家事、生活などに関する相談・助言などの必要な日常生活上の援助を行います。

介護予防訪問介護は生活機能を維持向上させる観点から、軽度者(要支援1、2)に適した内容、期間、方法でサービスが提供されます。

大きく分けて<生活援助>と<身体介護>があります。

問51へ

PAGE TOP