平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問52

短期入所生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 空床利用型及び併設型の利用定員は、20人以上と定められている。
2 介護支援専門員が緊急やむを得ないと認めた場合には、専用の居室以外の静養室も利用できる。
3 利用者の負担により、当該指定短期入所生活介護事業所の職員以外の者による介護を受けさせることができる。
4 栄養並びに利用者の心身の状況及び嗜好を考慮した食事を、適切な時間に提供しなければならない。
5 基準該当短期入所生活介護は、指定通所介護事業所や指定小規模多機能型居宅介護事業所等に併設しなければならない。

解答

正解は…2・4・5
1 ✖ 空床利用型及び併設型の利用定員は、20人未満とすることができる。
2 〇
3 ✖ 指定短期入所生活介護事業者は、利用者の負担により、
当該指定短期入所生活介護事業所の職員以外の者による
介護を受けさせてはならない。
4 〇 食事についてはさらに、利用者が可能な限り離床して
食堂で食事を摂ることを支援しなければならないとされている。
5 〇 問題文に記載されている事業所以外に、
指定認知症対応型通所介護事業所、
社会福祉施設に併設することが可能である。

参考

単語

短期入所生活介護とは?

特別養護老人ホームなどの施設に短期間入所してもらい、食事、入浴、その他の必要な日常生活上の支援や機能訓練などを行うサービスです。 一定期間、介護から解放される利用者家族にとって、自分の時間を持つことができたり介護負担の軽減を図ることができます。

問53へ

PAGE TOP