平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問53

特定施設入居者生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 入居者の権利を不当に狭めるような契約解除条件を定めてはならない。
2 特定施設は、有料老人ホーム、養護老人ホーム及び軽費老人ホームである。
3 特定施設サービスの計画作成担当者は、他の職務と兼務できない。
4 事業者は、特定施設入居者生活介護のサービス以外で、利用者の選定により提供される介護等の費用の支払いを利用者から受けることはできない。
5 外部サービス利用型の特定施設入居者生活介護は、介護サービス等を外部の指定居宅サービス事業者に委託するものをいう。

解答

正解は…1・2・5
1 〇
2 〇
3 ✖ 計画作成担当者は、専らその職務に従事する
介護支援専門員でなければならないとされているが、
利用者の処遇に支障がない場合には、
当該特定施設における他の職務に従事できることとされている。
4 ✖ 事業者は、利用者の選定により提供される介護
その他の日常生活上の便宜に要する費用の支払いを、
利用者から受けることができる。
5 〇

参考

単語

特定施設入居者生活介護とは?

在宅サービスの1つですが、自宅ではなく介護保険の指定を受けた、介護付き有料老人ホーム、軽費老人ホーム、養護老人ホームなどで暮らし、かつ、介護認定を受けた人が利用出来るサービスです。介護計画が立てられ、それに沿って排せつや入浴、食事などの日常の介護が行われます。

問54へ

PAGE TOP