高齢者に多い疾病

感覚器障害

感覚器障害とは?

高齢者は、加齢に伴い視力や聴力、味覚が低下する。

視力

視力が低下する原因として、
白内障、黄斑変性症症、緑内障などがある。

白内障の初期では、点眼薬が用いられるが、
進行した場合、手術が必要となる。

聴力

聴力の低下は、
治療による改善が期待しがたい感音性難聴のことが多く、
必要に応じて補聴器を使うことを勧める。

味覚

味覚の低下は、視力や聴力ほど老化の影響は大きくない。
薬剤の副作用や口腔乾燥、口腔真菌症が原因となることがある。
味覚低下が原因となって、塩分や糖分を摂り過ぎてしまうこともあり、
食事内容について注意が必要。

感覚器障害/高齢者に多い疾病 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

● 高齢者の聴力低下は、高音域において顕著である。

● 高齢者の味覚の低下の原因として、
薬剤の副作用、口腔乾燥、口腔真菌症などが多い。

PAGE TOP