ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「夜間対応型訪問介護」の問題をまとめてみました

下表にもあるように、「夜間対応型訪問介護」は地域密着型サービスに位置付けられ、他のサービスと共に出題されています

過去の問題の「〇」の選択肢はそのままで、「✕」の選択肢について簡単な説明をしています

古い年度の問題から書きました

夜間対応型訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 夜間対応型訪問介護では、定期巡回サービス、オペレーションセンターサービス及び随時訪問サービスが一括して提供される。

⇒ 設問通り

2 定期巡回サービスは、最低1日に1回訪問することが義務付けられている。

⇒ ✕ 「提供回数に規定はない」

3 防犯上の理由から、事業者が利用者から合鍵を預かることは禁止されている。

⇒ ✕ 「合鍵を預かることができる」

4 オペレーターは、看護師・准看護師又は介護福祉士でなければならない。

⇒ ✕ 「オペレーターに従事できるものは、準看護師、看護師、医師、社会福祉士、保健師、介護支援専門員である」

5 事業者は、利用者へ配布するケアコール端末に係る設置料、リース料、保守料の費用を利用者から徴収することはできない。

⇒ 設問通り

夜間対応型訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 夜間対応型訪問介護サービスには、オペレーションセンター等からの連絡に対応して行う随時訪問サービスが含まれる。

⇒ 設問通り

2 指定夜間対応型訪問介護事業所は、オペレーションセンターに通報できる端末機器を利用者に配布しなければならない。

⇒ 設問通り

3 利用者が既に訪問介護を受けている場合には、定期巡回サービスの提供に当たって、夜間対応型訪問介護計画は作成しなくてもよい。

⇒ ✕ 「居宅サービス計画の内容に沿って、夜間対応型介護計画を作成する必要がある」

4 オペレーションセンターは、事業の実施地域内に必ず1か所以上設置しなければならない。

⇒ ✕ 「サービスを提供する訪問介護員が直接通報を受けて適切なサービスを提供できる場合には、設置しなくてもよい」

5 利用者から合鍵を預かる場合には、管理を厳重に行うとともに、管理方法や紛失時の対処方法などの必要な事項を記載した文書を利用者に交付する。

⇒ 設問通り

夜間対応型訪問介護サービスについて正しいものはどれか。 3つ選べ。

1 サービスの提供時間は各事業所において設定できるが、 最低限22時から翌朝6時までは含まなければならない。

⇒ 設問通り

2 社会福祉士及び介護支援専門員は、 オペレーションセンターのオペレーターになることができる。

⇒ 設問通り

3 オペレーターは、 夜間対応型訪問介護事業所に常駐している必要がある。

⇒ ✕ 「オペレーターは、夜間対応型訪問介護事業所に常駐している必要はありません。利用者に支障がない場合には同一敷地内の訪問介護事業所等の業務に従事できる」

4 利用者からの通報を受け付ける機器として携帯電話を利用することは、 禁止されている。

⇒ ✕ 「利用者からの通報を受ける機器として携帯電話を使用することは、禁止されていない」

5 事業所は、 利用者の心身の状況等の情報を蓄積し、 オペレーターが常時閲覧できるようにしなければならない。

⇒ 設問通り

夜間対応型訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 緊急時の連絡体制を確保し、日中においてオペレーションセンターサービスを行う等の要件を満たす場合は、24時間通報対応加算を算定できる。

⇒ 設問通り

2 定期巡回サービスを行う訪問介護員等は、サービスを提供する時間帯を通じて専従で1人以上配置しなければならない。

⇒ ✕ 「日中においてオペレーションセンターサービスを行うために必要な人員を確保していること」

3 事業者は、利用者からの苦情に関して市町村等が派遣する者が相談及び援助を行う事業に協力するよう努めなければならない。

⇒ 設問通り

4 随時訪問サービスにおいて、オペレーションセンター従事者は、一月ないし三月に1回程度利用者宅を訪問しなければならない。

⇒ 設問通り

5 利用者が短期入所生活介護を受けている間も、夜間対応型訪問介護費を算定できる。

⇒ ✕ 「短期入所生活介護を受けている間は、夜間対応型訪問介護費を算定できない」

介護保険における夜間対応型訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 事業者は、利⽤者へ配布するケアコール端末に係る設置料、リース料、保守料の費⽤を利⽤者から徴収することができる。

⇒ ✕ 「利用者から徴収することはできない」

2 利⽤者から合鍵を預かる場合は、従業者であれば容易に持ち出すことができるような管理を⾏う必要がある。

⇒ ✕ 「利用者から合い鍵を預かる時は、従業者であっても容易に持ち出すことができないよう厳重に管理しなければならない」

3 随時訪問サービスは、利⽤者の処遇に⽀障がないときは、他の指定訪問介護事業所の訪問介護員等に⾏わせることができる。

⇒ 設問通り

4 夜間対応型訪問介護計画の作成後に居宅サービス計画が作成された場合は、夜間対応型訪問介護計画を必要に応じて変更する。

⇒ 設問通り

5 看護師及び介護福祉⼠は、⾯接相談員になることができる。

⇒ 設問通り

まとめ

ケアマネ試験第12回~第23回までの12回分の過去問の中から「夜間対応型訪問介護」の問題をまとめてみました

PAGE TOP